Record China

ヘッドライン:

世界の食道がんの半分は中国で発生、食道はどうやって「壊される」のか―中国メディア

配信日時:2020年12月23日(水) 5時0分
拡大
中国メディアの生命時報は21日、「世界の食道がんの半分は中国で発生、食道はどうやって『壊される』のか」と題する記事を掲載し、日頃の食習慣に問題はないか読者に注意を呼び掛けた。写真は火鍋。

中国メディアの生命時報は21日、「世界の食道がんの半分は中国で発生、食道はどうやって『壊される』のか」と題する記事を掲載し、日頃の食習慣に問題はないか読者に注意を呼び掛けた。

記事がまず紹介したのは医学誌「The Lancet Gastroenterology&Hepatology」で発表された「世界の食道がんの半分は中国で発生している」とのデータ。195カ国・地域を対象とする最新の統計データで、記事によると2017年は世界で新たに47万3000件の症例が発生し、43万6000人が亡くなった。中国はそれぞれ23万5000件、21万3000人と世界のほぼ半数を占めたという。

記事は「研究チームは予防の強化を訴えている」とした上で、「中国の症例の多さは好ましくない食習慣と関係がある」と指摘。具体的には「熱い食べ物」「辛すぎる食べ物」や「早食い」「飲酒・喫煙」などへの注意を促し、「熱すぎるスープやお茶は冷ましてから飲み、食事はゆっくりと。野菜や果物を積極的に取って食事は腹7、8分でストップ。麻辣湯や火鍋は熱くて辛いことが多いため控えめに」「禁煙・禁酒は健康にとって極めて重要。正常な体重の維持を」と呼び掛けた。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング