世銀「ビジネス環境の現状2018」中国は78位

配信日時:2017年11月3日(金) 17時40分
画像ID 
世界銀行は10月31日、報告書「ビジネス環境の現状2018」を発表した。それによると、ビジネス環境の世界トップ3はニュージーランド、シンガポール、デンマークで、中国は78位だった。スイス紙「ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング」の報道として「環球時報」が伝えた。

同報告書は2017年6月1日までのデータに基づき、10の面から世界の190エコノミーのビジネス環境を100点満点で評価したもの。

今回はランキングにおけるアジア・太平洋地域のエコノミーの動きがとりわけ目を引き、上位5エコノミーのうち4つがこの地域のものだった。得点を見ると、1位のニュージーランドは86.55点、2位のシンガポールは84.57点、3位のデンマークは84.06点。4位から10位には、韓国、香港地区、米国、英国、ノルウェー、ジョージア、スウェーデンが並んだ。同報告は、「こうした国・地域は企業に関する手続きがシンプルかつ迅速で、ビジネスルールの透明性が高い」と指摘する。

190エコノミーのうち、アジアの多くのエコノミーが著しい進歩を遂げ、上位5位のうち、韓国は前年の5位から4位に上昇した。その他の進歩を遂げたエコノミーをみると、タイは順位を20位上げて26位になり、ベトナムは16位上昇して68位に、インドネシアは19位上昇して72位になった。インドの進歩が特に目立ち、130位上昇して100位になった。

同報告によると、中国は65.29点で78位となり、順位は前年と変わらなかった。中国は改革を通じて起業や法人税の面で大きく進歩し、さらにビジネス効率も向上させた。中国で起業する場合に必要な手続きは前年の平均9項目から7項目に減少し、所要時間は平均28.9日から22.9日に短縮された。法人税の対利益比は前年の平均68%から67.3%に低下した。

北京大学経済学院の曹和平教授は、「アジア諸国の今回の報告での動きが目を引いた。これはアジア諸国が等しくアジア文化圏にあるためだ。どこかの国が発展すれば、他の国・地域もすぐに追いかけ、模倣する。そこで中国が発展すると、周辺のこれまであまり発達していなかった地域が急速に発展するようになった。たとえばベトナムは中国の市場改革・市場開放の1つの縮図であり、インドの急伸も中国の発展がもたらした圧力と関係がある。また中国の発展により、多くの国のインフラ建設が20年前よりも速く便利になっている」と述べる。(編集KS)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事









<