<中華経済>中国南方航空など航空2社がサーチャージ引き上げへ―中国

Record China    2008年5月26日(月) 20時4分

拡大

26日、中国三大航空会社の一つ、中国南方航空股〓(にんべんに分、以下同)有限公司が、6月から燃油特別付加運賃(サーチャージ)の徴収基準を引き上げる。写真は中国南方航空の飛行機。

(1 / 4 枚)

2008年5月26日、26日付香港・経済通によると、中国三大航空会社の一つ、中国南方航空股〓(にんべんに分、以下同)有限公司が、6月から燃油特別付加運賃(サーチャージ)の徴収基準を引き上げる。原油高を受けての措置で、対象は長距離の国際線となる。

その他の写真

対象は欧州、北米、南米、豪州、アフリカ、中東の各路線。サーチャージの徴収基準はこれまでの片道600元、往復1200元をそれぞれ片道800元、往復1600元に引き上げる。

また、海南省の航空会社、海南航空股〓有限公司も6月からサーチャージの徴収基準を引き上げる。アジアを除く路線が対象となり、サーチャージをこれまでの600元から800元に引き上げることを決めた。(翻訳・編集/KS)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携