<コラム>韓国でも広がるセクハラ告発運動、娘を持つ親としてはそれほど冷静ではいられない

配信日時:2018年2月10日(土) 14時20分
韓国でも広がるセクハラ告発、娘を持つ親としては冷静ではいられない
画像ID  584673
ソ・ジヒョンという女性検事のセクハラ被害の告白からすべてははじまった。写真は韓国・ソウル。
ソ・ジヒョンという女性検事のセクハラ被害の告白からすべてははじまった。1月29日にJTBCという韓国では最も有名な夜8時台のニュースの時間に、直接スタジオに来てソン・ソッキというこれもまた有名なMCのインタビューを受けた。

ソ・ジヒョン検事は、2001年に司法試験43期合格で45歳。内容は、2010年(8年前)のセクハラ事件を暴露するものであった。検事たちをはじめ法務大臣までが参席するようなけっこう大掛かりなお葬式の場で、法務大臣がいるからそのそばに座るようにと肘突きされて法務大臣のそばに座った。別の側に上司である安某検事が座った。

その安なんとか検事が、酒に酔いながらかなりの時間に渡ってソ・ジヒョン検事の腰に手をまわしてなでたり体のあちこちをさわるような行為を続けた。検察体質の陰の部分も承知していたためか、その場ですぐに大声を張り上げてやめさせるような行動は取らなかった(取れなかった)。

その後すぐ、検察の中のセクハラ担当の係に報告し対策を立てようとしたが、もみ消されてなにもできずに終わった。7年の歳月が過ぎた去年2017年の5月に、くだんの安某検事が、賄賂問題が発覚し検察をやめることになった。ソ・ジヒョン検事は、テレビでその事件は見て知っていた。それだけだったら、「ああ、やっぱり」くらいで終わっていたかもしれない。しかし安某検事の、キリスト教の教会での「懺悔(ざんげ)」する場面がテレビに映し出されたとき、ソ・ジヒョン検事は決心したという。「本当の意味で悔い改めるのなら、まずはあのときのことを悔い改めることからはじめるべきではないのか。自分の前に来て直接申し訳なかったと言うべきではないのか」。

テレビに映し出された安某検事の懺悔の内容の中に、ソ・ジヒョン検事に対するセクハラ問題は当然ながらはいってはいなかった。神の前に懺悔すると格好をつけながら内容もなく嘘と欺瞞に満ちた安某検事の懺悔の様子。いろんな思いが刹那のうちに身の内に湧き上がり、居てもたっても居られなくなったという。これは自分の顔も名前もだして、世間様に訴えるしかないと思い、JTBCという韓国では一番信頼されているテレビ局のメイン番組(ニュースルーム)に出ることを決意したのである。筆者は、そのときのライブ放送を直接見ていた。

いくら検事とはいえ、女性だ。インタビューを通して始終涙声で話していた。身も心もぼろぼろといった感じを受けた。検察官の中でも何度も賞をもらうほど辣腕の検事のようだ。検察官の制服を脱ぐことも決意してのライブ登場だった。

検事なら、ばしっと手をひっぱたいて「何すんのよ。すけべ野郎!」ぐらい言えないのかとも考えるが、男社会に蔓延するそうした闇の部分があまりにも強いのであろう。検事でさえ、ばしっ!とはできないのだ。普通の女の子だったら、もっと難しいだろうことは容易に想像できる。

これを書いている筆者も男なのだが、女性らの性的迫害のダメージをあまりにも簡単に考えてしまう傾向があるのではないだろうか。酒の場で、腰をなでるぐらいどうってことないんじゃないの、というような思い。でも、これは女性にしてみれば、命を左右するくらい深刻な出来事なのである。病気になってしまうくらい許せない行為なのである。ここの部分を男(社会)ははっきりと実感するところから始まるんだろうな、って思う。

ソ・ジヒョン検事のライブインタビューが流れて10日。SNSなどを通してソ・ジヒョン検事を応援するコメントが数多く寄せられており、韓国版「#Me Too」運動の嵐が韓国に巻き起こっている。

たとえば、イム・ウンジョン女性検事(44歳)が15年前の検察内部の上司によるセクハラを暴露したかと思えば、「共に民主党」の李在禎(イ・ジェジョン)議員は、ラジオのインタビューを通して「13年前に弁護士として働くために準備していたころ、検事長出身の法律事務所の代表からセクハラを受けた」と明らかにし、さらに同党のイ・ヒョギョン京畿道議員も、自分のフェイスブックに「6年前、常任委員会所属の男性議員がカラオケで踊りながらわたしの目の前でズボンを脱いだ」と公開するなど、韓国版#Me Tooの動きがとどまるところを知らない勢いだ。

2月6日には、ソ・ジヒョン検事が登場したJTBCに今度は文壇のチェ・ヨンミという詩人が登場し、約18年前の90年代初めのころに本人あるいは複数の女性文人らが文壇の大御所といった人々によってセクハラを受けていたことを暴露した。若い女性が文壇にデビューするためには、そうした「洗礼」もただただ黙認されてしまう状態だったようで、文壇の構造的な問題と指摘した。

一方、財界のほうでは、朴三求(パク・サムグ)錦湖アシアナグループ会長の行動が問題視されている。同会長は毎月第一週の木曜日の朝に本社を訪れ、当日の飛行を控えた女性乗務員たちが両側に列をつくって並ぶ中、大きな拍手で迎えられ乗務員と握手したり肩を叩いたりハグするなど身体的接触をしたというもの。アシアナ航空のほうでは、女性CAらを激励するための古くからの行事だとしているものの、会長本人は「気」をもらいに行っていたと語るなど、女性らにとってはキモイの声があがってもしかたのないような行動をしていたようである。

ソ・ジヒョン検事は現在一児の母でありながら現役の検事だ。決意するまでに8年かかったと言っているが、たしかにセクハラを受けた女性本人が、世の中という大向こうを相手に自分の名前も顔も公開して事実を訴えるというのは、真剣勝負に挑む武士の気持ちと同じようなものだろうと思う。命をかけるほどの決意と覚悟なくしてはできない行為であろう。その勇気が、男性中心社会に蔓延する陰の部分の一つを取り除くことに繋がっていくであろうか。

検察の内部でも特別捜査班が設けられ、深度ある捜査が始まったところだ。泥棒を捕まえるのに泥棒に任せるといった図式みたいで、どこまで捜査が進められるか怪しいところでもあるけれど、ここは一旦検察を信用して今後の流れを注意深く見守っていくしかないだろう。娘を持つ親としてはそれほど冷静ではいられない日々が続く。

■筆者プロフィール:木口政樹
イザベラ・バードが理想郷と呼んだ山形県米沢市出身。1988年渡韓し慶州の女性と結婚。三星(サムスン)人力開発院日本語科教授を経て白石大学校教授(2002年〜現在)。趣味はサッカーボールのリフティング、クラシックギター、山歩きなど。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事