Record China

ヘッドライン:

中国から韓国への報復措置、「苦しめられているのはむしろ中国人だ」―米メディア

配信日時:2018年4月27日(金) 8時50分
拡大
26日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)は、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)システム配備を受けた中国から韓国への報復措置について「苦しめられているのは、むしろ中国人だ」とする記事を掲載した。写真はソウルの南大門市場。

2018年4月26日、米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(中国語電子版)は、在韓米軍への高高度防衛ミサイル(THAAD)システム配備を受けた中国から韓国への報復措置について「苦しめられているのはむしろ中国人だ」とする記事を掲載した。

記事によると、韓国の食品企業・大華食品の貿易担当責任者・李氏は、中国経済の成長が韓国経済の底上げに寄与してきたことに触れ「韓国人からみれば中国は強国だ。中国経済が良くなるほど韓国人も潤う。それは変わりはない」と強調した。しかし、報復措置の後は「客は減り消費は伸びない。飲食店も大量に閉店に追い込まれた。影響は非常に大きい」と訴える。

ソウル華僑協会会長で旅行会社を経営する譚紹栄(タン・ジャオロン)氏は、THAAD配備以降、中国政府が韓国への旅行に制限をかけたため、在韓華人のビジネスが打撃を受けていると指摘。「THAADのせいで貿易関係は大きなダメージを受けた。輸出しようにもできないことが多すぎる」と嘆いたという。

李氏の祖父は、文化大革命の迫害を逃れ、中国から韓国に逃れてきた。李氏は「中国は韓国経済に圧力をかけていると思っているが、傷を負っているのは華人だ。韓国にいる華人は苦労しているが、無力で手の打ちようがない」と訴えているという。(翻訳・編集/大宮)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米国との貿易摩擦に耐えられなくなった中国、欧州諸国に助け求める?―米華字メディア

18日、米華字メディアの多維新聞は、トランプ米政権が発表した対中関税措置に中国側が報復を表明するなど、米中間の貿易摩擦が激化していることに関連し、「貿易戦争に耐えられなくなった中国は、欧州の複数の国々に助けを求めている」とする記事を掲載した。資料写真。

Record China
2018年4月19日 13時50分
続きを読む

ランキング