Record China

ヘッドライン:

「ラッシュアワー」シリーズのブレット・ラトナー監督、女優6人にセクハラ?ジャッキー・チェンはパート4に意欲―台湾メディア

配信日時:2017年11月2日(木) 19時15分
拡大
1日、ジャッキー・チェンの映画「ラッシュアワー」シリーズなどで知られるブレット・ラトナー監督について、6人の女優が性的いやがらせを受けたと声を上げている。写真は映画「ラッシュアワー3」。
(1/2枚)

2017年11月1日、ジャッキー・チェン(成龍)の映画「ラッシュアワー」シリーズなどで知られるブレット・ラトナー監督について、6人の女優が性的いやがらせを受けたと声を上げている。聯合報が伝えた。

その他の写真

ハリウッドではこのほど、大物映画プロデューサーのハーヴェイ・ワインスタイン氏によるセクハラ騒動が話題になったばかり。これに続いて、ジャッキー・チェンと俳優クリス・タッカーの名コンビが人気の「ラッシュアワー」シリーズを手掛けたブレット・ラトナー監督にも、同じく女優への性的いやがらせの話題が浮上した。

「ワイルド・スピード」シリーズのガル・ガドットをはじめ、「X−MEN:アポカリプス」のオリヴィア・マン、「スピーシーズ」シリーズのナターシャ・ヘンストリッジら、6人の女優が声を上げた。ナターシャ・ヘンストリッジはモデルだった10代の頃、ニューヨークにあるマンションに呼ばれ、そこで被害に遭ったとしている。

これに対してブレット・ラトナー監督の弁護士は、ここ20年余りの間に女性からセクハラ被害を訴えられたり、賠償金を求められたりしたことは一度もないとコメントしている。

「ラッシュアワー」はファン待望のパート4について、「制作にゴーサインを出した」とこのほどジャッキー・チェン自身が明らかにしたばかり。11年ぶりの名コンビ復活が話題になっている。(翻訳・編集/Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国人女性にセクハラを繰り返した日本人上司、韓国の裁判所が日本本社の責任も認める=韓国ネットからは判決に不満の声「日本人に寛大すぎ」

6日、韓国メディアによると、韓国人女性職員に日常的にセクハラ行為を繰り返していた日本人上司らに対し、韓国の裁判所が日本本社とともに損害賠償金および慰謝料として2700万ウォンを支払うよう命じる判決を言い渡した。資料写真。

Record China
2017年10月6日 20時30分
続きを読む

ランキング