Record China

ヘッドライン:

中国が開発した世界初のトン級無人貨物機、初飛行に成功―中国メディア

配信日時:2017年10月27日(金) 19時30分
拡大
中国科学院によると、同院の工程熱物理研究所は他の機構と提携し、世界初のトン級無人貨物機を共同開発した。

中国科学院によると、同院の工程熱物理研究所(Institute of Engineering Thermophysics)は他の機構と提携し、世界初のトン級無人貨物機を共同開発した。中国新聞社が26日付で伝えた。

この大型無人貨物機は「AT200」と名付けられ、全長が11.84メートル、翼幅が12.8メートル、全高が4.04メートル、最大離陸重量が3.4トンである。貨物室の体積が10立方メートル、有効搭載量が1.5トンであるという。

AT200は26日に中国陝西省の空港で26分間の初飛行に成功した。飛行機は予定の高さで2周旋回し、最初から最後まで安定な状態を保ち、フライト追跡が正確で予期の目標に達した。

研究開発チームによると、AT200には先端の飛行制御システムと指揮システムが搭載されており、パイロットが要らず、指揮・コントロールセンターで離陸や着陸をさせることができる。さらに、簡単な操作で飛行状況を変えられるので、貨物輸送のコストと操作の難易度を大きく下げた。

開発者の話によると、この無人機はシングルエンジン飛行機「P750XL」を原型として開発された。開発者たちは有人機から無人機への全体設計、飛行機、エンジン、制御システムのマッチング、空力パラメータの認識、性能テストなどコア技術の難関を突破した。AT200は搭載量が大きい、航続時間が長い、離陸・着陸性能が優れているといったメリットを備えており、商用化されることが期待できる。(提供/環球網・編集/インナ)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

日本の空自C−2輸送機はわが国Y−20より著しく劣る、工業の信頼性そのものに問題―中国メディア

中国メディアの新浪網は、日本の航空自衛隊が運用するC−2輸送機は中国のY−20輸送機よりも著しく劣るとする記事を掲載。さらに、日本ではこの数年、神戸製鋼のデータ改ざんなど工業分野の問題が連続していると論じた。写真はY−20(運−20)。

Record China
2017年10月21日 7時0分
続きを読む

本番に間に合わない!韓国、平昌五輪に向け導入した19億円の航空機にトラブル相次ぐ=ネット「どう間違えたらこんなことに?」「五輪はもう終わり」

26日、韓国気象庁が平昌五輪に向け米国から導入した多目的気象観測航空機が、国土交通部の堪航検査で不適合判定を受けていたことが明らかになった。写真は平昌五輪でアルペンスキーの会場となる龍平リゾートスキー場。

Record China
2017年9月26日 17時20分
続きを読む

ランキング