Record China

ヘッドライン:

「慰安婦の顔を踏むのはちょっと…」=韓国に登場した新たな形の慰安婦像に、ネットには戸惑いの声も

配信日時:2017年10月26日(木) 7時30分
拡大
25日、韓国各地で設置の動きが進む慰安婦を象徴する「平和の少女像」が、銅像ではなく階段に描かれる「壁画」の形で登場した。写真は在韓日本大使館前の慰安婦像。

2017年10月25日、韓国各地で設置の動きが進む慰安婦を象徴する「平和の少女像」が、銅像ではなく階段に描かれる「壁画」の形で登場した。韓国・聯合ニュースなどが報じた。

「平和の少女」が描かれたのは、韓国東北部、春川(チュンチョン)市にある江原(カンウォン)大中央図書館の大階段。平和の少女像建立大学生推進委員会が同大の総学生会と共同で進める平和の少女像建立キャンペーンの一環で「記憶の階段」と題し行われたもので、「少女」に与えられた役目は、12月に同市内に設置予定の「平和の少女像」を待ち、その意義を知らしめることという。

階段には黄色の背景色が塗られ、中央にはソウルの在韓日本大使館前にある慰安婦像の絵が、また右上には赤や白の大きな花の絵が描かれた。周りには、「少女像よ、先に来て待っているから早く来て。あなたが来れば私のすべき仕事はすべて済む。そこからはあなたがこの歴史的記憶を広く知らしめるのよ」といった詩のような文言も記されている。無事に像設置の暁には、この少女の絵は消される予定とのこと。

大学生が「記憶の階段」を上り下りする写真を添え報じられたこのニュースに、韓国のネットユーザーからは「格好良すぎる。若者の知恵はすごいね」「大学生らしいやり方だ。江原大ファイト」「斬新なアイデアだし、学生たちにもいい教育になる」など好感触の反応が多く寄せられている。

一方で、「階段ということは踏み付けられちゃうけど、いいのかな?」「趣旨はよく分かるけど、少女の顔を踏んでいくのはいい感じがしない」「皆が踏んで歩く階段に描くのはどうかと…。踏まないようにいつも注意しなきゃいけないし、知らずに踏んだら困っちゃうよ」など当惑や心配の声も複数あったが、これに対しては「靴で踏む部分ではなくて、各段の前面にだけ絵があるから心配無用」と説明するコメントが寄せられていた。(翻訳・編集/吉金

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

慰安婦像に「大変なことをした」、韓国ネットで男性の写真が物議=「本当に韓国人?」「注目されたかったのだろうけど…」

2日、韓国メディアによると、韓国・大邱の2.28記念中央公園前に設置された慰安婦少女像にキスしようとする男性の写真がSNSに掲載され、韓国ネットユーザーの間で物議を醸している。写真は韓国釜山の慰安婦少女像。

Record China
2017年10月3日 7時10分
続きを読む

「慰安婦がまるでアイドル化している」韓国人教授が慰安婦像の量産に苦言=ネットが猛批判「日本人より恐ろしい」「歴史認識に問題あり」

17日、著書『帝国の慰安婦』で慰安婦を「売春婦」と表現したことが韓国で問題視されていた世宗大の朴裕河教授が、今度は「慰安婦がアイドル化している」と指摘し批判を浴びている。写真は慰安婦問題をめぐる日韓合意の無効などを訴える人々。

Record China
2017年8月18日 18時50分
続きを読む

ソウルの路線バスに慰安婦像と乗り合わせた乗客たち=11歳少年は像に「びっくり」、日本からの観光客も

14日、ソウルで慰安婦を象徴する少女像を座席に設置した路線バス5台が運行を始めた。実際にこのバスに乗った韓国の人たちはどんな思いを抱いただろうか。韓国メディアの報道からコメントを拾ってみた。写真はソウル・日本大使館前の慰安婦像。

Record China
2017年8月15日 16時0分
続きを読む

ランキング