Record China

ヘッドライン:

身長165センチのF4はありえない!?「花より男子」の日本での再ドラマ化に不満の声―中国

配信日時:2017年10月23日(月) 11時10分
拡大
22日、人気ドラマ「花より男子」のリメークとキャスティングの話題が飛び交う中、中国のネット上からは「原作と身長差がありすぎる」と不満の声が上がっている。写真は台湾ドラマ「流星花園〜花より男子〜」のDVDパッケージ。
(1/2枚)

2017年10月22日、人気ドラマ「花より男子」のリメークとキャスティングの話題が飛び交う中、中国のネット上からは「原作と身長差がありすぎる」と不満の声が上がっている。新浪が伝えた。

その他の写真

神尾葉子氏の人気漫画で学園ラブコメの「花より男子」は、01年に台湾でドラマ化され、ここから誕生した人気ユニットF4が大ブレーク。日本や韓国でもドラマ化され、それぞれの作品が中華圏でも人気沸騰した。

この人気ドラマについて最近、女優の広瀬すずをヒロインに起用して再び制作されると一部の日本メディアが報じているが、このほど新たなF4候補として俳優の竹内涼真や新田真剣佑、さらにHey!Say!JUMPの山田涼介やSexy Zoneの中島健人といった名前がネット上に登場。しかし、原作でF4の身長が179〜185センチと設定されているのに対し、報じられた顔ぶれの身長は165〜185センチと幅広く、ネットユーザーからは「165センチのF4はありえない」「リメークそのものが許せないのに、F4のイメージとかけ離れ過ぎ」などと不満の声が上がっている。

なお、このリメークのうわさについては原作者の神尾葉子氏が21日、ツイッターを通じて報道内容を否定。「こういうデマ話に作者が反応するのは良くないことだ…と思って黙ってましたが」と前置きした上で、「花男ドラマのリメイク話とかないです。なぜこんな話になっているのか謎です…」と困惑を示している。(翻訳・編集/Mathilda

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

新しい「F4」は新人オーディションで決定!「花より男子」が16年ぶりに再ドラマ化―中国メディア

21日、再びドラマ化されることになった「花より男子」で、作品の主人公となるイケメン4人衆「F4」について、一般を含むオーディションで選ぶことが分かった。写真は人気ユニットF4のヴァネス・ウー、ケン・チュウ、ジェリー・イェン(左から)。

Record China
2017年6月22日 12時30分
続きを読む

ランキング