Record China

ヘッドライン:

中国の学食、顔認証での支払い導入!―浙江省

配信日時:2017年10月19日(木) 0時0分
拡大
支付宝(アリペイ)の顔認証を使用するにはスマホが必要だが、浙江省の杭州十一中学(中高一貫)の学生食堂ではまさに顔だけで顔認証を行えるという。
(1/7枚)

支付宝(アリペイ)の顔認証を使用するにはスマホが必要だが、浙江省の杭州十一中学(中高一貫)の学生食堂ではまさに顔だけで顔認証を行えるという。浙江在線が伝えた。

その他の写真

同校の学生食堂ではこのほど、システムがアップグレードされ、顔認証だけで料金の支払いが可能となった。この学生食堂の窓口で顔認証を行うと、画面上に氏名、定食の種類、残高金額などの情報が表示される。注文した料理に間違いがないことを確認した後、食堂スタッフが注文した料理を窓口まで運んでくれる。

注文から配膳までかかる時間はわずか8秒以内。また、生徒たちの毎日の食事状況の栄養報告内容に基づき、保護者に送られる栄養報告も毎月1回から毎週1回に増加。同校では顔認証による料金支払いシステムの速さと正確性を参考にして、顔認証による出欠席管理システムに応用する準備を進めているという。(提供/人民網日本語版・編集YK)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社またはライセンス元に帰属します。
【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

顔認証アプリが激増、安全性を懸念する声も―中国

このほど発表された米アップル社のスマートフォン新製品「iPhone X」(アイフォーンテン)には顔認証機能が搭載された。数日前には浙江省杭州市のファーストフード店ケンタッキーで顔認証による支払いが可能になった。

人民網日本語版
2017年9月16日 22時20分
続きを読む

ランキング