Record China

ヘッドライン:

台湾でも大人気の渡辺直美、今度は「りんご女王」に変身!青森りんごのPR役に―台湾

配信日時:2017年10月14日(土) 21時20分
拡大
13日、大人気のお笑いタレントの渡辺直美が、青森りんごのPR役として台湾でもおいしさを広めることになった。写真は渡辺直美。
(1/4枚)

2017年10月13日、大人気のお笑いタレントの渡辺直美が、青森りんごのPR役として台湾でもおいしさを広めることになった。中国時報が伝えた。

その他の写真

インスタ女王としても知られる渡辺直美は、日台ハーフという親近感も手伝い、台湾でも非常に人気が高い。昨年は初ワールドツアーの台湾公演を開催して大盛況だったほか、今年5〜7月末に台北で展示イベント「渡辺直美展 Naomi’s Party in TAIPEI」も開催。人気女性ファッション誌のカバーを複数のパターンで飾るなど、その人気と知名度の高さは実証済みだ。

3年連続で青森りんごをPRするプロジェクト「青森りんごでべっぴん倍増計画」の実行委員長に選ばれているが、第二の故郷である台湾でもPR大使を務めることに。りんごのようにつやつやと丸い顔の渡辺直美が女王様に扮し、得意の“変顔”でりんごにかぶりつく広告動画はすでに台湾でも解禁され、話題を集めている。

マンゴーやバナナ、パッションフルーツなどといった南国フルーツの宝庫の台湾だが、日本産フルーツの人気も非常に高い。特に青森りんごは誰もが知るブランドであり、台湾は世界最大の輸出先の一つとなっている。(翻訳・編集/Mathilda

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

台湾で日本語の「の」が乱用されている?=「おれは『の』の字を見たら絶対に買わない」「日本人が漢字を乱用していることの方が問題」―中国ネット

23日、中国のポータルサイト・今日頭条が、台湾では日本語の「の」が乱用されていると伝える記事を掲載した。これに対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は台湾の屋台。

Record China
2016年5月25日 9時0分
続きを読む

ランキング