中国人が日本でなくしたパスポート、見事な連携プレーで24時間後に無事戻る―中国メディア

配信日時:2017年10月11日(水) 23時0分
中国人が日本でなくしたパスポート、24時間後に無事戻った理由
画像ID  582037
11日、中国人が日本でなくしたパスポートが、在日中国人の拾い主と中国警察の見事な連携プレーにより24時間後に持ち主の元へ戻るという心温まるいい話があったという。資料写真。
2017年10月11日、中国東北部、遼寧省瀋陽市の地元紙「瀋陽晩報」は、中国人が日本でなくしたパスポートが、在日中国人の拾い主と中国警察の見事な連携プレーにより24時間後に持ち主の元へ戻るという心温まるいい話があったと伝えている。

記事によると、日本在住のある中国人が9月30日、大阪市内で中国人のパスポートを拾った。パスポートの持ち主は遼寧省の葛さんのものだと分かったが、大使館に連絡しようにも週末だったため、どうしようか悩んだ挙句、ある方法を思いついた。

この拾い主が思いついたのは、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で、落とし主の地元の警察の公式アカウントにメッセージを送り助けを求めることだ。

拾い主からの連絡を受けた警察官は、パスポートが葛さんのものと確認が取れた後、葛さんの携帯電話にかけたがずっと電源が切れた状態でつながらなかった。ようやく葛さんの無料通信アプリのアカウントを探し出し、連絡がついたという。

警察官が落とし主と拾い主の間をつなぎ、パスポートは無事戻った。パスポートをなくしたことに気づき途方にくれていたという葛さんは、拾い主と警察官に感謝することしきりだったそうだ。(翻訳・編集/柳川)
<コラムニスト募集>
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事