Record China

ヘッドライン:

日本最大のアジア映画祭、中国映画は三連覇なるか=中台から8作品を上映

配信日時:2017年10月11日(水) 17時0分
拡大
11月に開幕する第18回東京フィルメックスの上映作品が発表され、中国・台湾から8作品が上映されることが分かった。写真は『氷の下』。
(1/4枚)

11月に開幕する第18回東京フィルメックスの上映作品が発表され、中国・台湾から8作品が上映されることが分かった。

その他の写真

コンペティション部門では、中国からホアン・ボー主演の『氷の下』、現代美術家シュー・ビンの初監督作品『とんぼの眼』、ユー・グァンイー監督作品『シャーマンの村』の3本、台湾から金馬奨2部門ノミネートの『ジョニーは行方不明』が選出された。

特別招待作品ではオープニング作品のシルビア・チャン監督・主演の『相愛相親(そうあいそうしん)』、ロカルノ映画祭で金豹賞を受賞したワン・ビンの新作『ファンさん』、金馬奨最優秀作品賞ノミネートの『天使は白をまとう』、が上映される。また、フィルメックス・クラシックとしてキン・フー監督『山中傳奇』のデジタルリマスター版を上映する。

日本最大のアジア映画の祭典である東京フィルメックスは、優れた中国、台湾映画との結びつきも深い。2000年の初開催以降、ジャ・ジャンクー、シルビア・チャンらをコンペティション部門審査委員に迎え、ホウ・シャオシェンツァイ・ミンリャンの特集上映を実施した。第16回はペマツェテン監督『タルロ』、17回はチャン・ハンイ監督の『よみがえりの樹』と、中国映画が最優秀作品賞を受賞しているため、今年のコンペティション部門出品作品にも大きな期待が寄せられる。

第18回東京フィルメックスは11月18日〜26日まで開催される。(編集/内山

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国人が日本のゆるキャラに投票、選ばれたのは大人気のくまモンではなく…―華字紙

28日、華字紙・日本新華僑報によると、中国の大手旅行会社などがこのほど東京・大手町で実施した中国人対象の「日本のゆるキャラコンテスト」で、群馬県の「ぐんまちゃん」が1位となった。中国でも大人気のくまモンではなかった。写真はくまモン。

Record China
2017年9月29日 10時0分
続きを読む

韓国映画「釜山行き」が日本で人気、韓国ネットはその邦題にざわつく=「狙って付けたもの?」「韓国の列車が日本の物に替えられてしまった」

6日、韓国で昨年大ヒットした映画「釜山行き」(原題)が日本で公開、人気を博していると韓国メディアが報じたが、韓国のネット上では原題からは想像もつかない邦題に注目が集まっている。写真は主演を務めたコン・ユ。

Record China
2017年9月6日 17時40分
続きを読む

ランキング