Record China

ヘッドライン:

世界経済の成長に対する中国の貢献率は世界一!?=「すべては不動産のおかげ」「庶民の暮らしが良くなることこそ一番だと思う」―中国ネット

配信日時:2017年10月12日(木) 18時10分
拡大
11日、中国メディアの中国経済網が、2013年から16年までの間の世界経済に対する貢献率で中国は世界一だったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2017年10月11日、中国メディアの中国経済網が、2013年から16年までの間の世界経済に対する貢献率で中国は世界一だったと伝えた。

記事によると、16年の中国の国民総生産(GDP)は11兆2000億ドル(約1250兆円)で、世界経済全体の14.8%を占めた。これは12年と比べると3.4ポイント増加しており、世界第2位の位置をキープした。

また、13年から16年までの間に、中国が世界経済の成長に対する貢献率は平均で30%前後に達し、米国、ユーロ圏、日本を合わせた貢献率よりも高くなり、世界一となったという。

これに対し、中国のネットユーザーから「すべては不動産のおかげ」「確かに紙幣の印刷量は世界一だな。日米欧を合わせた数より多い」「庶民の暮らしが良くなることこそ一番だと思うのだが」などのコメントが寄せられた。

また、「わが国の宣伝部ってすごいな」「統計局って本当にすごいと思う」「統計局の中国に対する貢献度は250%だけどね」などの意見もあり、統計に対する不信感が伝わってくる。

ほかには、「この5年間は中国の歴史上もっとも発展が速く、経済が良く、腐敗は最も少なく、人民が最も幸福で、物価は安くなり、空気がきれいで、食品が安全で、投資環境の整った素晴らしい5年間だった。この先5年で貧富の差はなくなり、富を共有して中国の夢が実現するだろう」というユーザーがいたが、明らかに皮肉が込められている。(翻訳・編集/山中)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

関連記事

「中国経済崩壊論」は暴論だった!=10年後には名実ともに米国抜き、世界一に―米欧アジアを“吸引”、勢い止まらず

「中国崩壊の序章」「中国経済、破たんへ」…。日本の書籍、週刊誌や月刊誌、夕刊紙などは、中国経済の先行きについて「破たん」「崩壊」といった一方的な見通しを強調し、否定的な面だけをクローズアップしたりする傾向が鮮明である。写真は中国人観光客(東京・銀座)。

八牧浩行
2017年9月19日 5時0分
続きを読む

ランキング