「ものづくり大国」ドイツ人の8割が中国製を評価―中国紙

配信日時:2017年10月12日(木) 16時10分
「ものづくり大国」ドイツ人の8割が中国製を評価
画像ID  581852
11日、「メード・イン・ジャーマニー」は「高品質」の代名詞であり、「メード・イン・チャイナ」は「パクリ」とされた時代はもはや過去のものになったようだ。資料写真。
2017年10月11日、中国紙・環球時報は、「メード・イン・ジャーマニー」は「高品質」の代名詞であり、「メード・イン・チャイナ」は「パクリ」とされた時代はもはや過去のものになったと伝えている。

ドイツメディアによると、ドイツ品質協会(DGQ)が市場調査機関のInnofactと共同で行った消費者アンケートで、回答者の82%がドイツ企業の競争相手として中国を評価したという。また回答者の54%は、進歩を続ける中国発のライバルが将来的にドイツブランドやドイツ企業のイノベーション能力を上回る可能性があると考えていることも分かった。

特に回答者の多くが、「デジタル化」と「情報技術」の分野で中国を高く評価しており、64%は中国がこうした分野ですでにドイツを追い抜いているとの認識を示したという。

また回答者の4分の3が、20年後に中国製品の品質がさらに向上していると答えたのに対し、ドイツ製品について同様の認識を示した人は51%だったという。

中国は、高い競争力を持つ製造強国を目指す「中国製造2025(メード・イン・チャイナ2025)」キャンペーンを進めている。記事によると、DGQの関係者は「2025年までに中国経済の計画的な発展がドイツにとって難しい課題となることは間違いない」と述べたという。(翻訳・編集/柳川)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 3

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • tij***** | (2017/10/22 14:23)

    ドイツ人の評価はある意味では当たっているがある意味では金儲けの手法として褒め称えている。  今の政権がどれだけ伸びるかはわからないが長い事終焉と云われての持ち続けた事、何か隠して居る事は判るが共産圏は隠し事が多いので何とも言えない。ソビエトは悪いと云っても持ち続けている事が似ている。世界を騙すの上手いと云う事。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/10/13 13:14)

    >>回答者の82%がドイツ企業の競争相手として中国を評価したという。 これ、別に品質とかで評価してるわけじゃないんじゃないか? 「そこそこの品質」で「大幅な低価格」ってなると、脅威になる分野も少なくはない訳で。 まあ確かに、最近は「これは中国人ならでは」とか、「これは中国人じゃないと思い付かん」とかいう感じの商品も出てきてはいるけどね。 それに日本企業の基準で作っているとはいえ、「日本企業の製品」として売っているものでも、製造国は中国って物も多い。 同じアジア人として、手先の器用さは日本人とそう変わらない筈なんだから、あとはパクリをやめて「モノ造り」に対する真摯な姿勢を身に付ければ、大いにドイツや日本の脅威になりうるとは思うんだけど。 ただ、それを身に付けるのは現状難しいんだろうなとは思う。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • hoo***** | (2017/10/12 16:43)

    国ぐるみの不正発覚で中国に泣きついたからね^^
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事