Record China

ヘッドライン:

東芝が6分間の充電で320キロ走れる電池を開発=「真の技術は日本人の手にある」「電気自動車の春がもうすぐやってくる」―中国ネット

配信日時:2017年10月7日(土) 13時30分
拡大
6日、中国メディアの新華網が、東芝が6分間の充電で320キロ走れるリチウムイオン電池を開発したと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

2017年10月6日、中国メディアの新華網が、東芝が6分間の充電で320キロ走れるリチウムイオン電池を開発したと伝えた。

この電池には、通常負極材に使用される黒鉛ではなく、チタンニオブ系酸化物を採用しており、大容量で急速充電が可能だという。一般的な小型電気自動車のバッテリーは、30分の急速充電で80%しか充電できなかったが、この新リチウムイオン電池なら6分間の充電で90%充電でき、東芝が実験に使用した小型電気自動車では、6分間の充電で320キロ走行できたという。

この新電池は、充放電を5000回繰り返しても90%以上の電池容量を維持可能で、マイナス10度の環境でも急速充電が可能だ。

これに対し、中国のネットユーザーから「真の技術は日本人の手にあるんだな。でも日本の自動車メーカーは電気自動車用の電池はうれしくないだろうな」と日本の技術力を評価するコメントが寄せられた。

また、5000回の充放電が可能ということで、「10年も使えたらたいしたものだ」というユーザーがいる一方で、「あんまり充電時間が早いと爆発が心配」という声もあった。

ほかには、「電気自動車の春がもうすぐやってくるな。東芝は不利な状況から脱するのだろう」、「電池の問題が解決されれば、電気自動車がガソリン車にとって代わるだろう」という意見もあり、今後は電気自動車の時代になると感じたユーザーが多いようだった。(翻訳・編集/山中)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

米テスラ、世界最大の豪蓄電設備にパナソニックではなくサムスンのバッテリー採用=韓国ネットは好意的な反応

30日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モーターズが、オーストラリアのエネルギー貯蔵システムに、EV用バッテリーで長年のパートナーとして歩んできたパナソニックではなくサムスンSDIのバッテリーを採用することになった。資料写真。

Record China
2017年10月1日 17時50分
続きを読む

最大市場・中国も「ガソリン車禁止」へ=政府主導で進むEVシフト、3つの狙いとは?―世界自動車勢力図、激変必至

英国、フランスに続いて世界最大の自動車市場・中国も、ガソリン車の生産販売停止を検討する方針を打ち出した。自動車各社はこぞって成長が見込める電気自動車(EV)開発にシフトしつつある。世界の自動車勢力図の大変動は必至だ。写真は本田技研工業本社(東京・青山)。

八牧浩行
2017年9月14日 5時10分
続きを読む

世界初、韓国の企業が1度の充電で450キロ走行する電気車バッテリーを量産へ=韓国ネットからは疑いの声も

31日、韓国メディアによると、韓国のSKイノベーションが1度の充電で450キロ走行できる電気自動車用のバッテリーを開発し、世界初となる量産を開始すると明らかにした。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。資料写真。

Record China
2017年9月4日 9時20分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング