<コラム>韓国・ソウルの観光名所はかつて日本の神社だった

配信日時:2017年10月5日(木) 21時10分
韓国・ソウルの観光名所はかつて日本の神社だった
画像ID  580737
朝鮮神宮は、朝鮮京畿道京城府(現・大韓民国ソウル特別市)南山にあった神社である。写真は筆者提供。
朝鮮神宮は、朝鮮京畿道京城府(現・大韓民国ソウル特別市)南山(ナムサン)にあった神社である。社格は官幣大社で、朝鮮全土(60カ所)の総鎮守とされた。1919(大正8)年7月18日、天照大神と明治天皇を祭神とする「朝鮮神社」を創立し、官幣大社に列する旨が発せられた。1920(大正9)年、南山の頂に御用地20万坪、境内7000坪、総工費150万円で殿舎造営に着手、6年で竣成した。1925(大正14)年6月27日、「朝鮮神社」を「朝鮮神宮」と改称、同年9月14日には鎮座祭の期日(同年10月15日)と例祭日(毎年10月17日)が定められた。また本社の宮司は勅任待遇であった。

その他の写真

日中戦争が始まった1937(昭和12)年以降になると、韓国人民にも神社参拝が奨励され、これに反対した約2000人の牧師・教徒が検挙、投獄された(神社参拝拒否運動)。この運動で200余りの教会が閉鎖され、50人余りが獄死するという結末をたどった。このように朝鮮神宮は日韓の歴史の中に大きな負の遺産を持つ。日本の第二次世界大戦敗戦に伴い、1945(昭和20)年11月17日に廃止され、跡地には南山公園が造られた。公園の中には安重根(アン・ジュングン)義士記念館、Nソウルタワーなどがあり、ここに日本の神社があったとは想像もつかない。安重根義士記念館周辺にまさに「朝鮮神宮」の社務所や本殿があったのだ。

ソウルの南大門から南山公園に向かう素月路(ソウォルロ)は旧朝鮮神宮表参道(西参道)であった(写真1)。朝鮮神宮(写真2)の石段が素月路から大鳥居を通って真っすぐに南山頂上に達した。現在も石段は南山の西側にある(写真3)。当時、市内電車が南山西側の南大門近くを走る時、乗客は必ず車内から朝鮮神宮を拝礼するしきたりだった。

参道があったことを示す当時の石の玉垣が現存している(写真4)。韓国では解放後、神社は徹底的に破壊されたのでその遺構はほとんど残っていない。ただ、南山周辺は多くの日本人が住み、朝鮮神宮や京城神社などを建て、その遺構が何カ所か残っている。素月路の一部に石の手すり(参道両側にある石柱に直角に載せた石壁に類する玉垣)もその一つである。朝鮮神宮は1925年に完工、同時期に整備されたものとしたら、90年くらいたっている手すりである。南山洞周辺には、古い日本家屋や石灯籠のようなものが庭にある家屋なども見ることができる。

■筆者プロフィール:工藤和直
1953年、宮崎市生まれ。韓国で電子技術を教えていたことが認められ、2001年2月、韓国電子産業振興会より電子産業大賞受賞。2004年1月より中国江蘇省蘇州市で蘇州住電装有限公司董事総経理として新会社を立上げ、2008年からは住友電装株式会社執行役員兼務。蘇州日商倶楽部(商工会)会長として、日中友好にも貢献してきた。
※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • 心配性***** | (2017/10/06 05:38)

    新たな反日の材料になりそうですな。朝鮮神宮大量虐殺事件、参拝を拒否した朝鮮人50万人が投獄され、酷い拷問の末に虐殺されたってことになっていきそうです。被害者の慰霊碑を作り世界に喧伝し記憶遺産登録ですかね。これで新たに日本へ謝罪と賠償を要求するネタができそうですね。 反日日本人のありがた迷惑な情報でした。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<