「中国は負けてよかった!日本は勝ってもがっかり」と中国メディア、インドの高速鉄道受注で

配信日時:2017年10月3日(火) 20時20分
「中国は負けてよかった!日本は勝ってもがっかり」と中国メディア
画像ID  580677
2日、環球網は、中国がインドの高速鉄道受注争いで日本に負けて良かったとする評論記事を掲載した。資料写真。
2017年10月2日、環球網は、インドの高速鉄道受注争いで、中国は日本に負けて良かったとする評論記事を掲載した。

日本は中国との競争に勝利し、世界第2の市場規模を持つとされるインド高速鉄道の初注文を受注。9月14日には安倍首相自らがインドでの起工式に出席した。合意内容によれば、日本の新幹線技術が採用されるとともに、日本が総額1900億円の借款を行う。また、借款の利息を年0.1%という低金利に設定し、50年という長い償還期間を設けている。

記事はまず「中国は負けてよかった!さもなければ、今ごろとても大きな面倒を抱えていたことだろう。安倍晋三首相は心のなかで苦悶しているかもしれない」と指摘する。そして、「大商いのために日本は大きな元手を投じた。しかし、インド国内では『高速鉄道は権力者や富豪たちの自己満足にすぎず、一般市民のためのものではない』との強い反発が出ている」と紹介。また「インドのインフラはずさんな状況で、事故が頻発。(基本的な)インフラさえしっかりしていないのに、高速鉄道の建設など許されないとの声もあって、インドでの高速鉄道建設は一筋縄ではいかない」と論じた。

さらに、政治的な問題の影響がなければ中国が受注していた可能性が高いものの、フィージビリティスタディから建設に至るまでの費用の大半を負担する必要がある上に、ずさんなインフラが鉄道建設に大きな妨げになること、そしてインドへの高速鉄道建設は「実質上重要なライバルへの支援になる」ことなどから、「中国にとってはメリットよりも面倒のほうが大きいプロジェクトであった」と指摘している。

その上で「幸運にも日本が受注してくれた。これは中国にとっては悪いことではない。日本は前倒しでインドに補助を与えているが、正式な着工前から各種の批判が飛び出しており、土地収用が難航することは必至。日本人はすでにがっかりしていることだろう」と論じている。(翻訳・編集/川尻
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事