デビュー28年の金城武、台湾版アカデミー賞で初ノミネート!ウォン・カーウァイ監督も歓喜のコメント―台湾

Record China    2017年10月2日(月) 11時40分

拡大

1日、台湾版アカデミー賞・金馬奨のノミネートリストが発表され、俳優の金城武がデビュー28年目にして初めて最優秀主演男優賞の候補に選ばれた。写真は映画「擺渡人」。

(1 / 8 枚)

2017年10月1日、台湾版アカデミー賞・金馬奨のノミネートリストが発表され、俳優の金城武がデビュー28年目にして初めて最優秀主演男優賞の候補に選ばれた。中国時報が伝えた。

その他の写真

今年で54回目を迎える金馬奨のノミネートリストが1日午後に発表され、申し込みがあった576作品の中から、各部門の候補者と候補作品が明らかになった。発表後、最も注目されたのが最優秀主演男優部門で、その理由は金城武がノミネートされたため。1989年にデビューしてから28年、金城武が金馬奨で同部門にノミネートされるのは意外にもこれが初めてとなる。

この知らせを受け取った金城武は所属事務所を通じて、「ありがとう。本当にありがとう」と短いコメントを発表。今年の最優秀主演男優部門では、中国の演技派俳優ホアン・ボー(黄渤)、中国の映画監督ティエン・チュアンチュアン(田壮壮)といった手強いライバルたちと賞を争うことになった。授賞式は来月25日に行われる。

金城武は今回、昨年公開された映画「擺渡人」によりノミネートされた。この映画のプロデューサーは、かつて「恋する惑星」で金城武を一躍アジアスターにしたウォン・カーウァイ(王家衛)監督。初ノミネートについては、「20数年来の努力がやっと認められた。拍手を贈りたい。そして勝利を希望する」と、喜びのコメントを寄せている。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携