Record China

ヘッドライン:

<コラム>遣中使?

配信日時:2020年1月2日(木) 23時20分
拡大
日本の大学進学率は50パーセントを超えて久しい。中国はここ2、3年で50パーセントを超えだした。この調子だと、10年もすると追い越されるかも知れない。いや追い越されるだろう。写真は南京大学。

遣中使-ほんとにきみは大学生?

日本の大学進学率は50パーセントを超えて久しい。

団塊の世代といわれる1947-1949年世代であると、概ね、男性で15パーセント、女性で3パーセントであった。

対象の学校に高専や専門学校を含めるか、など、調査方法でバラツキはあるがほぼこの程度である。

戦後になっても、女性は家庭で、専業主婦・良妻賢母。まあ高校くらいは行きましょう。大学も進むなら短大くらいでという状況だった。

中国はここ2、3年で50パーセントを超えだした。この調子だと、10年もすると追い越されるかも知れない。いや追い越されるだろう。

当然だが日本も中国も、「高度成長」「中華民族の勃興・経済発展」があって「高等教育」が普及してきている。因みに、日本の「高等学校」は「後期中等教育」である。ややこしいねえ。

問題は、我が国の場合、一部の難関校を除いて大学がステータスシンボルでもなく、豊かな知識や人間教育の機関でもないことである。

社会に出るまでの「猶予期間」であり「遊びの期間」というと怒られるだろうか。

300万人から350万人くらいがこの「遊び人(ごめんね)」である。「モラトリアム・マン」のほうがいいか。

国家官僚のキャリアは、東大・京大・阪大・タマに慶応・早稲田などの卒業生だ。この人たちは優秀である。中・高時代は、通知表がオール5程度。私の教え子に聞くと、「大学入試を除いて余り勉強しなかった」という。もともと家庭環境も、持って生まれた素質も頭もよかったのであろう。東大生の家庭の5、6割の年収は950万を超える。

彼・彼女らの知識の豊富さ、頭の回転のよさは、テレビの東大生のクイズなどを見ているとよくわかる。一般的に知識の量は質に転化するから、知恵となって仕事も世渡りもうまいことになる。

でも、東大の卒業生数は毎年3000人前後だから、知識が人格や経験で陶冶されず、昇華できていない人もいる。少し難儀である。

中国は学校制度が異なるが、大学本科と専科を合わせると、2400万人ほどの学生数になる。日本の全人口の5分の1くらいだ。母体となる人口が13億と言われるから日本とは比較にならない。

しかも、この人数が国家を担い、経済界で活躍し、学術文化界で競争する。今後、生活のレベルが上がり、大学や学生の質がよくなると、なるほど「我が国」は置いていかれる。

なにより、日本では学生がモラトリアムという人生の猶予期間と心得ているから始末が悪い。就職先もたっぷりとある。だから大学に入った途端に勉強しなくなる。同じ資本主義国でもアメリカのハーバード大学では、学生は一日5時間自宅学習する。日本では大学受験前の高校時代がそうであっても、大学入学と同時に勉強しなくなる。

中国はこれから、学生・学校の質が上がるとともに、ますます競争が激化する。

「随・唐の時代になるわねえ」

その通りだ。2、30年もしたら、遣隋使・遣唐使ならぬ、「遣中使」が現れているかも知れない。

前述の日本の高等教育の状況を作りあげたのは、私たち団塊の世代である。忸怩たる思いがある。しかし、もう学生たちは子どもではない。自らの意志で「旧制高校」の生徒のように、乱読し、哲学し、議論し、新旧に学び、明治時代の「学士」の栄誉を取り戻してくれないか。

くれないだろうなあ…。仕方ない、老人からまず前向きに頑張りましょうか…。

■筆者プロフィール:石川希理
1947年神戸市生まれ。団塊世代の高齢者。板宿小学校・飛松中学校・星陵高校・神戸学院大学・仏教大学卒。同窓生いるかな?小説・童話の創作と、仏教の勉強と瞑想を10年ほど。明石市と西脇市の文芸祭り選者。児童文学のアンソロジー単行本、小説の自家版文庫本など。

※掲載している内容はコラムニスト個人の見解であり、弊社の立場や意見を代表するものではありません。
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

日本は尊敬に値する国なのか?=中国ネットからは「世界では日本人を尊敬する人の方が中国人を尊敬する人より多いというのが事実」との指摘も

9日、中国のポータルサイト・今日頭条が、日本は尊敬に値する国なのかについて分析する記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

Record China
2017年2月10日 6時50分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング