2019年はパンダと一緒に!カレンダー発売中

「日本を見ろ!?」遼寧省が高齢者の起業を奨励したことに中国ネットは疑心暗鬼「年金がなくなった?」

配信日時:2018年7月14日(土) 22時0分
「日本を見ろ!?」遼寧省が高齢者の起業奨励、中国ネットは疑心暗鬼
画像ID  580147
中国メディアの毎日経済新聞は11日、遼寧省政府が高齢者の起業を奨励していると伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
中国メディアの毎日経済新聞は11日、遼寧省政府が高齢者の起業を奨励していると伝えた。

遼寧省政府は最近発表した「遼寧省人口発展計画(2016~2030年)の通知」に高齢者の人的資源の開発を明記し、高齢者の起業や、専門技術分野の人材の労働期間延長を支持しているという。

毎日経済新聞は、「高齢者による起業は珍しくなく、先進国では高齢者の起業も普遍的な現象だ。日本では2015年に起業した人のうち、約3分の1が60歳以上の高齢者だった。30年前はこの数字が8%に過ぎなかった」などと紹介した。

同記事に対し、中国のネットユーザーから「1つ問題がある。中国は先進国なのか?」「なぜほかの問題では先進国と比べないのだ?」「でもわれわれは発展途上国」「また国際基準に合わせるのですか? やめてください」など、否定的なコメントが多く寄せられた。

中には「これはとてもいい考えだ。退職が近い党幹部たちは、退職金を受け取らずに起業してくれ」と書き込んだユーザーもいたが、「中国の伝統的な概念は、老人は安逸に晩年を過ごすのが正統だ。今になって高齢者の起業を宣伝するなんて、何がしたいんだ?」「年金がなくなったんだな」「そして次は、仕事をしない人には年金を渡さないになるだろう」などの意見もあり、多くのネットユーザーが疑心暗鬼になっている様子がうかがえる。(翻訳・編集/山中)
レコードチャイナによる取材をご希望の方は、ウィチャット(WeChatID:renshujian197523)までご連絡ください。その際は自己紹介と要件を明記して下さい。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事