インドでもリメーク決定!映画「インファナル・アフェア」、注目のボリウッドダンスはどうする?―香港メディア

Record China    2017年9月27日(水) 19時10分

拡大

25日、過去に3部作となった人気の香港映画「インファナル・アフェア」が、ハリウッドに続いてインドでもリメークされることが分かった。

(1 / 2 枚)

2017年9月25日、過去に3部作となった人気の香港映画「インファナル・アフェア」が、ハリウッドに続いてインドでもリメークされることが分かった。鳳凰網が伝えた。

その他の写真

インドの映画会社アジュール・エンターテインメントとワーナー・ブラザース・インディアが25日、共同で発表した。アンディ・ラウ(劉徳華)とトニー・レオン(梁朝偉)が主演し、日本でも大人気となった02年の映画「インファナル・アフェア」が、インドでリメークされることになった。

かつてハリウッドでもリメークされ、06年にマーティン・スコセッシ監督の「ディパーテッド」として公開された。この作品ではレオナルド・ディカプリオとマット・デイモンが主演し、第79回アカデミー賞で作品賞など4部門で受賞している。

インド版「インファナル・アフェア」のキャスティングについては明らかになっていないが、中国のネットユーザーの間からは、映画「きっと、うまくいく」のアーミル・カーン、「恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム」のシャー・ルク・カーンと、2大トップスターの競演を望む声が上がっている。また、硬派なイメージの「インファナル・アフェア」の中に、インド映画には不可欠な「ボリウッドダンス」をどうやって組み込むのか、早くも関心を寄せる人も多い。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携