Record China

ヘッドライン:

ソウル市が慰安婦コンテンツ公募展を開催、大賞のフランス人の作品に韓国ネットから不満が噴出した理由とは?

配信日時:2017年9月27日(水) 8時10分
拡大
25日、韓国メディアによると、韓国・ソウル市が開催した慰安婦コンテンツの公募展でフランス人女性のアナベル・ゴドーさんが大賞を受賞した。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真はソウルの慰安婦少女像。

2017年9月25日、韓国・聯合ニュースなどによると、韓国・ソウル市が開催した慰安婦コンテンツの公募展でフランス人女性のアナベル・ゴドーさんが大賞を受賞した。

ソウル市は同日、慰安婦コンテンツ公募展の優秀作品15点を先月23日に選定し、賞を授与したと明らかにした。今回の公募展は、慰安婦関連資料のユネスコ世界記憶遺産への登録を応援するという趣旨で企画された。公募展には映像、漫画など74点の作品が寄せられたという。

大賞を受賞したゴドーさんの作品「慰安婦」は、実在する人物の証言を全18ページの漫画として構成したもの。韓国の大学に留学中に慰安婦問題を知ったというゴドーさんは、卒業作品のテーマに選ぶほど同問題に強い関心を抱いたという。その後、フランスの芸術大学で漫画を専攻していたゴドーさんは韓国の友人の薦めで公募展に参加することになった。

ゴドーさんは「今回の作品を通し、フランス人にはこれまで知らなかった第二次世界大戦の一部分を教え、韓国人には外国人の視点を教えたかった」とし、「フランス人は第二次世界大戦の時に韓国で何が起きていたかを知らない」と指摘した。その上で「慰安婦問題を広く知らせることに協力し、被害女性を助けたい。漫画がその手段になるはずだ」と強調した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「慰安婦問題に関心を持ってくれてありがとう。感動で涙が出てくる」「元慰安婦を侮辱し、歴史を歪曲(わいきょく)しようとする韓国人もいる中で、外国人が慰安婦の被害事実を広め、被害者を助けたいと考えるなんて!心が美しい」などゴドーさんに対する称賛の声が寄せられている。中には「批判するだけで行動を起こさない自分が韓国人として恥ずかしくなった」と反省するユーザーも。

一方で、ゴドーさんの作品を見たユーザーからは「韓国人慰安婦の目が非常に細くてつり上がっている。これは差別では?」「慰安婦の目の描き方に悪意を感じる」「慰安婦の目がまるで怪物のように描かれていることに鳥肌が立った」など漫画の絵に対する不満の声も多く上がっている。(翻訳・編集/堂本

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

本番に間に合わない!韓国、平昌五輪に向け導入した19億円の航空機にトラブル相次ぐ=ネット「どう間違えたらこんなことに?」「五輪はもう終わり」

26日、韓国気象庁が平昌五輪に向け米国から導入した多目的気象観測航空機が、国土交通部の堪航検査で不適合判定を受けていたことが明らかになった。写真は平昌五輪でアルペンスキーの会場となる龍平リゾートスキー場。

Record China
2017年9月26日 17時20分
続きを読む

米サンフランシスコで「慰安婦」像除幕

米サンフランシスコの社会団体「慰安婦正義連合」(CWJC)は22日、第2次大戦時に日本軍への性的サービスを余儀なくされた各国の「慰安婦」を記念し、セント・メリーズ公園で「慰安婦」像の除幕を行なった。

人民網日本語版
2017年9月26日 9時30分
続きを読む

韓国人監督、嫌韓デモに対抗する日本人団体のドキュメンタリー映画を制作=韓国ネット「日本と韓国は兄弟」「日本の悪口を言えなくなった」

22日、ある韓国人監督が嫌韓デモ隊に抗議する日本の市民団体を扱ったドキュメンタリー映画を制作したとのニュースが、韓国のネット上で話題となっている。写真は嫌韓デモの様子。

Record China
2017年9月22日 20時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング