Record China

ヘッドライン:

<卓球>日本に優勝を持っていかれた!中国の卓球男子に危機感―中国メディア

配信日時:2017年9月26日(火) 12時50分
拡大
25日、ITTFワールドツアープラチナ・オーストリアオープンで中国が男子ダブルスの優勝を逃したことについて、鳳凰体育は「極めて危険!」と危機感を訴える記事を掲載した。資料写真。

2017年9月25日、ITTFワールドツアープラチナ・オーストリアオープンで中国が男子ダブルスの優勝を逃したことについて、鳳凰体育は「極めて危険!」と危機感を訴える記事を掲載した。

オーストリアオープンは今月19日から24日にかけて行われ、男子ダブルスでは日本の丹羽考希、上田仁ペアが優勝した。一方、中国の方博(ファン・ボー)、周雨(ジョウ・ユー)ペアは準決勝でドイツのペアに2対3で敗れた。

方博は今年の世界卓球選手権混合ダブルスで3位、周雨は中国最大のスポーツの祭典「全国運動会(全運会)」の男子ダブルスで優勝した選手だ。筆者は「オーストリアオープンでの男子ダブルス優勝は中国が最も期待していたものだ」とつづり、中国ペアは表彰式の場で日本がメダルを持っていくのを見送ることになったと指摘。中国は8月に行われたチェコオープンでも薛飛(シュエ・フェイ)、房胤池(ファン・インチー)ペアが準決勝でドイツ、デンマークのペアに敗れており、日本の上田仁、吉村真晴ペアは同大会で2位となっている。

筆者は薛飛が現在、世界ランキング3位の許●(シュー・シン、●は日へんに斤)の後継者とされていることを挙げた上で「経験不足や技術の未成熟さから、真の後継とは言い難い」とし、この一方で男子ダブルスの若手選手には経験以上に実力上の問題があるとの意見を展開。「われわれはこの弱点をカバーする必要に迫られている」と訴えている。(翻訳・編集/野谷

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国卓球選手が愛のため韓国に帰化……韓国代表として戦うも夫に捨てられる―中国メディア

22日、鳳凰網は記事「中国卓球女性選手、愛のために韓国国籍を取得=韓国の栄光のために尽力するも夫に捨てられる」を掲載した。最強中国のライバルを自らの手で育てる「養狼計画」、しかしその影で一つの悲劇が起きていた。資料写真。

Record China
2017年9月23日 15時40分
続きを読む

ランキング