Record China

ヘッドライン:

漫画版「おおかみこどもの雨と雪」の作者が急逝、中国ネットでも哀悼

配信日時:2017年9月26日(火) 10時10分
拡大
25日、漫画「おおかみこどもの雨と雪」漫画版の作者である優さんが7月に死去していたことが明らかになった。突然の訃報に、中国のマンガ・アニメファンの間にも衝撃が走っている。資料写真。

2017年9月25日、漫画「おおかみこどもの雨と雪」の作者である優さんが7月に死去していたことが明らかになった。突然の訃報に、中国の漫画・アニメファンの間にも衝撃が走っている。

25日、優さんの夫が優さんのツイッターアカウントを通じて「妻の優ですが、病気療養中のところ、2017年7月1日に急性心不全により急逝いたしました」と発表した。説明によると、急性心不全は優さんの持病とは関係なく、突発性のものだったそうだ。優さんは5月ごろから体調を崩していた。

優さんは2012年に細田守さん原作のアニメーション「おおかみこどもの雨と雪」漫画版で漫画家デビューした。夫が亡き妻に代わりファンへの感謝を示すとともに、今後も引き続き優さんの作品をよろしくお願いしますとコメントしている。

「おおかみこどもの雨と雪」は中国のアニメファンの間でも人気。ネットユーザーは、ろうそくや涙を流す顔の絵文字を並べて哀悼を示すとともに、「どうぞ安らかに」「漫画家も命を燃やしていく仕事なんだな」「どうか天国があなたの作品のように美しい場所でありますように」とその死を惜しむコメントが寄せられている。

また、「この作品は5回は見た」「素晴らしいアニメだった」など、アニメ版へのコメントも多数見られた。(翻訳・編集/川尻

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国で日本映画が大ヒット続き、韓国映画はなぜダメなのか―中国メディア

15日、鳳凰網は記事「中国で高評価、好業績を上げる日本映画=なぜ韓国映画はそれほど愛されないのか?」を掲載した。中国市場で気を吐く日本映画と裏腹に、韓国映画は惨敗が続いている。その理由はどこにあるのだろうか。写真は「銀魂」中国語ポスター。

Record China
2017年9月19日 16時20分
続きを読む

日本アニメの海賊版に夢中になった幼少期、今は「愛の爆買い」で好きな作家を支えたい!―中国人学生

日本では中国人観光客による爆買いが終息していると報じられているが、「政治や経済に影響を受けない爆買い」も存在する。そう主張するのは、国際関係学院の喬志遠さん。喬さんは中国人の「爆買い」を、オタク目線で紹介している。

Record China
2017年6月25日 12時50分
続きを読む

ランキング