Record China

ヘッドライン:

中国スマホ大手の「日本語専攻出て行け」発言、中国紙が批判「日本事業を拡大する気はあるのか」

配信日時:2017年9月26日(火) 10時40分
拡大
25日、新京報は、中国スマートフォン大手小米科技の社員が河南省であった採用説明会で日本語専攻の学生に対して差別発言をした問題で、「低俗な発言を面白がるべきではない」とする記事を掲載した。資料写真。

2017年9月25日、新京報は、中国スマートフォン大手小米科技(シャオミー)の社員が河南省であった採用説明会で日本語専攻の学生に対して差別発言をした問題で、「低俗な発言を面白がるべきではない」とする記事を掲載した。以下はその概要。

小米は「技術と量」のインターネット企業とされているが、人間の素養は軽視している。採用説明会で小米の担当者が「ドラマを作る仕事でも紹介してあげよう」と話し、その場にいた200人以上の学生が爆笑した。みな「ドラマ」が暗にアダルトビデオを指すことを知っていたに違いない。

日本語を専攻する学生は中国人であり、蔑視される理由はない。まさか小米は日本事業を拡大する気がないのではあるまい。学生たちときちんとやり取りし、企業のルールを説明することが可能なのか。日本語を専攻する学生を採用しない理由を説明するにせよ、小米の担当者は最悪の方法を選んだ。低俗で時間や場所も考えない発言ではないか。

日本語専攻の学生は必要ない、中国の東北地方出身者は必要ない、乙女座の学生は必要ない…就職差別がちまたにあふれている。学生に人気のネット企業における就職差別も議論の的になっている。業界関係者は自分たちを買いかぶっているのではないか。「技術と量」を自慢する企業は、人間の素養は軽視しているようだ。(翻訳・編集/大宮)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

期待外れに終わった「軍艦島」興行で韓国の“反日”映画界に生まれたトラウマ=韓国ネットは反論「映画はそもそもフィクション。歪曲とは違う」

21日、韓国・日刊スポーツによると、公開前から日本でも何かと話題になった韓国映画「軍艦島」の韓国での興行が失敗に終わったことで、韓国映画界にあるトラウマが生じているという。写真は軍艦島。

Record China
2017年9月22日 11時10分
続きを読む

日本人の私が見たドキュメンタリー「731部隊の真実」

8月13日夜、NHKはドキュメンタリー「731部隊の真実〜エリート医学者と人体実験〜」を放送し、中日戦争期間中に、日本の731部隊が中国の東北地方で行った人体実験の驚くべき事実を明らかにした。(文:関田剛司。瞭望東方周刊掲載)

人民網日本語版
2017年9月2日 21時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング