Record China

ヘッドライン:

中国高速鉄道の工場をスペイン記者が取材、「復興号」に注目―中国メディア

配信日時:2020年2月10日(月) 6時20分
拡大
スペイン紙のエル・パイスは2日、中車青島四方机車車両株式会社の中国高速鉄道の工場内部を取材した記事を掲載。「復興号」が注目を集めていると伝えた。写真は復興号。
(1/3枚)

スペイン紙エル・パイス(電子版)は2月2日、同紙の記者が中国高速鉄道の車両を製造する工場を取材した記事を掲載した。中国メディアの中国網が5日付の記事で同紙の報道を引用して伝えた。

その他の写真

記事は、取材した中国山東省青島市の中車青島四方機車車両株式会社(略称:中車四方)の外観を「難攻不落の要塞のよう」と表現。「この巨大な複合産業基地は面積1.77平方キロメートルで、モナコ公国の面積とほぼ同じである。一苦労はしたものの、内部を取材することができた」と述べている。

そして、「工場内部では中国高速鉄道の列車を組み立てている。これは21世紀の中国の代名詞の1つだ」とし、「約1万2000人の労働者が列車の設計と製造を担当しており、これらの列車がまさに中国の重大なモデルチェンジをもたらしたのだ」と紹介した。同社の女性職員の李(リー)さんは記者に対して、「2008年の北京五輪の開幕直前に開通した京津(ジンジン)都市間鉄道は、北京と天津を結び、時速350キロメートルで運行している。この鉄道が現在全国に広がっている高速鉄道ネットワークの基礎を築いた。中国の高速鉄道が発展し始めたのは、日本やスペインなどに比べて遅かったが、2019年の営業距離は3万5000キロメートルに達しており、他の国々の合計よりも長い」と説明した。

記事は、「十数年の間にすでに中国が建設した高速鉄道の営業距離は全世界の60%以上に達し、2019年には23億1000万人の旅客を運ぶ見込みである。中車四方はこれらの列車の大部分を製造しており、世界最大の高速鉄道列車メーカーとしての地位を確立した」とし、「中車四方ではこれまで注文が途絶えたことがなく、どの高速鉄道列車の最終組立ラインも全速力で稼働している」と伝えている。

また、「最も注目を集めているのは『復興号』と命名されたCR400AFである。赤いラインとインパクトのある先頭車を備えている。最大速度は時速420キロメートルで、運行は時速350キロメートルで行われる」と紹介。李さんは、「高速鉄道の開発当初は外国の技術を導入したが、復興号は中国が完全に独自で設計・製造したものだ」と、胸を張ったと伝えた。(翻訳・編集/毛利)

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング