Record China

ヘッドライン:

中国市場進出から11年目のロッテマート、本格的に中国市場から撤退―中国メディア

配信日時:2018年5月14日(月) 8時30分
拡大
12日、澎湃新聞は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の大型スーパーのロッテマートが中国市場から本格的に撤退すると伝えた。写真はロッテマート。

2018年5月12日、澎湃新聞は、韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の大型スーパーのロッテマートが中国市場から本格的に撤退すると伝えた。

ロッテマートなどロッテグループの小売部門を総括するロッテショッピングは11日に開いた取締役会で、中国華東地区にある50店以上のロッテマートを中国利群グループに売却することを決定したという。記事は「ロッテマートの中国市場進出から11年で、基本的に中国市場から撤退することになる」と伝えた。

記事によると、ロッテマートは先月、北京物美(ウーマート)に北京市内の21店舗を2485億ウォン(約248億円)で売却すると発表していた。北京と上海地区の店舗売却後は、華中と東北地区の14店舗が残るだけとなる。ロッテマートは、これらの店舗についても上半期で売却作業を終わらせる計画で、現在、現地の小売業者と交渉を続けているという。

韓国メディアの報道によると、高高度防衛ミサイル(THAAD)問題以来、ロッテマートは中国国内の99店舗のうち、87店舗が営業停止となり、残った店舗の売上高も8割以上減少していた。そのため昨年9月からロッテマートの売却を進めていたという。

聯合ニュースは、「THAADの影響によるロッテマートの損失は1兆2000億ウォン(約1200億円)に上る見込みだ」と伝えており、「ロッテマートの営業停止や瀋陽ロッテワールドの建設中止、免税店で売り上げ減少などによって、ロッテグループの損失は2兆ウォン(約2000億円)を超える見込みだ」と伝えた。

記事は、「ロッテマートが08年5月に北京のオランダ系大型スーパー万客隆(マクロ)を買収する形で中国市場へ進出した」と紹介。「09年末には100店舗にまで増加し、18年までに全国で300店舗を展開する計画だった」という。

ところが、12年ごろから勢いに陰りが見え始め、新規開店の店舗数は12年が11店舗、13年が5店舗、14年にはわずか1店舗となっていた。同時に閉店する店舗は増加し続け、12年は1店舗、14年は6店舗、15年7月には山東省内の4店舗をほぼ同時に閉店すると発表し、山東省から撤退していた。(翻訳・編集/山中)

【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら

関連記事

ロッテマート、中韓関係修復も中国撤退「変動なく進める」―中国メディア

31日、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備問題で悪化していた中国と韓国が関係を修復することで合意したと伝えられる中、中国事業からの撤退を決めた韓国系スーパーのロッテマートは、店舗売却を「変動なく推進する」立場を示したという。写真は中国のロッテマート。

Record China
2017年11月1日 17時40分
続きを読む

ランキング