「日本には寄付するのに」女優ルビー・リンへの言葉の暴力、中国ネットユーザーに法的措置も―台湾

配信日時:2017年9月16日(土) 19時20分
「日本には寄付するのに」女優ルビー・リンへの暴言、法的措置も
画像ID  578845
15日、ディープキス騒動をきっかけに中国の一部のネットユーザーから批判を浴びている女優ルビー・リンが、弁護士事務所による声明文を公開し、法的措置を検討していることを明らかにした。写真はルビー・リン。
2017年9月15日、ディープキス騒動をきっかけに中国の一部のネットユーザーから批判を浴びている女優ルビー・リン(林心如)が、弁護士事務所による声明文を公開し、法的措置を検討していることを明らかにした。聯合報が伝えた。

その他の写真

騒動のきっかけとなったのは、ルビー・リンが04年のトーク番組で、「撮影中に中国の俳優にディープキスされそうになった」と語っていたことだった。かつて時代劇ドラマで共演した俳優ジョウ・ジエ(周杰)が、13年越しでこの話題を取り上げ、自分ではないと否定。これを皮切りにネット上でルビー・リンに対する批判の声が高まり、さらにこのほど出席した大型チャリティーパーティーで、2年連続で寄付を行わなかったと報道されたことも批判をあおる火種に。「蛇蝎のような女」「1元さえ惜しむ」「日本には寄付したくせに」「良心を犬に食われた」などといった非難の言葉がルビー・リンの中国版ツイッターに向けられ、すでにコメント欄は閉鎖されている。

15日、ルビー・リンの個人事務所が、北京の弁護士事務所による声明文を発表。特定のユーザーがルビー・リンに対するサイバー暴力を続けた場合、公開謝罪や損害賠償を求めるなどといった法的措置を検討していることを明らかに。さらに、ルビー・リンが私的に寄付を行っていたことを証明する明細書も公開している。(翻訳・編集/Mathilda
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事

<