日中国交正常化45周年は控えめに祝う=「テンションを上げるにも上げようがない」―中国ネット

配信日時:2017年9月11日(月) 12時40分
日中国交正常化45周年は控えめに祝う「テンション上げようがない」
画像ID  578214
11日、中国メディアの観察者網が、今年の日中国交正常化45周年に関する記念式典などは控えめに行われたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。
2017年9月11日、中国メディアの観察者網が、今年の日中国交正常化45周年に関する記念式典などは控えめに行われたと伝えた。

8日、北京市で日中国交正常化45周年の記念式典が行われ、日本国際貿易促進協会会長の河野洋平元衆院議長や、日中協会の野田毅会長など、日中友好7団体の関係者ら約300人が出席した。河野氏は式典に先立ち、兪正声(ユー・ジェンシェン)中国人民政治協商会議主席らと会談を行った。

中国の唐家[王旋](タン・ジアシュエン)元外相は、「日本軍国主義の暴虐により重大な損害がもたらされ、また日本の国民も大きな被害を受けた」と述べ、戦前の日本の指導者と一般国民を区別する考えを強調した。尖閣諸島や歴史問題へは深く言及せず、中国側は出席者を格下げすることでバランスを取ったようだ。

中国側からは、王晨(ワン・チェン)全国人民代表大会副委員長らが代表として記念式典に出席。中国政府は安倍政権への警戒から最高指導部の出席を見送ったという。

2007年の日中国交正常化35周年の記念式典には、森喜朗元首相や村山富市元首相、温家宝(ウェン・ジアバオ)首相(当時)が参加した。40周年となる12年は、日本の尖閣諸島国有化に対する中国の強い反発で、記念式典は中止された。

これに対し、中国のネットユーザーから「日中関係は改善の方向へ向かう兆しがある。今後に期待したい」というコメントが寄せられたが、このような意見は少数だった。

むしろ、「日中関係はマイナス10度からマイナス5度くらいになったかな」「政治的にこの種のイベントは必要だが、ただそれだけだ。これ以上なんて誰も期待していない」と、日中関係はそれほどよくなっていないという意見が多かった。

ほかには「テンションを上げるにも上げようがないだろ」「日中友好なんてただの笑い話」というユーザーもいて、多くのネットユーザーが日中関係の改善にはあまり期待していないようである。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • geo***** | (2017/09/28 14:49)

    東アジアの近現代史にはあまり言われていないが二つの転換点があったと思う。一つは伊藤博文の暗殺。もう一つが胡耀邦の失脚である。伊藤博文は左翼や親韓派の予想とは全く異なる言葉の真の意味でのリベラル(経済政策ではリバタリアン)な政治家であった。伊藤の暗殺は、日本がその後小日本主義政策をとる可能性を塞ぎ、陸軍を中心とする帝国主義的大陸進出を招き最後は第二次世界大戦で日本の一時的滅亡を招いた。胡耀邦総書記は中国共産党の中では常識人で親日の人であった。彼が失脚しなければ中国は小中国主義の道を歩み今日民主中国が実現していた可能性も十分ある。チベット等の独立もあり得たであろう。今日のような軍拡、海洋進出もなかったと思われる。日中関係も良好だったろう。この胡耀邦失脚の原因を作ったのは皮肉にも親中派朝日新聞であった。教科書問題の虚偽報道、中曽根総理靖国参拝報道により親日派の胡耀邦は責任を取らされたのである。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • アメポ***** | (2017/09/12 12:27)

    中国人はツンデレさんだからねw 祝う気にはならなくても、喜んで日本旅行に来ては「また来よう」とか「来てよかった」とか言って帰っていくよ。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 東京原***** | (2017/09/11 17:16)

    中国人は現代史を知らないからなぁ と言うより 情報を隠匿して失政を無かったものにしている。 毛沢東はともかく周恩来、鄧小平までは まだ良かった。 江沢民が己の失政を隠すため反日プロパガンダを行ったことがそもそも。 中国は 一度 ガラガラポンしなきゃ 付き合いきれない。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事