「男神キラー」の人気女優チョウ・ドンユィ、顔の傷は自殺未遂のせい?ネットで話題に―中国

Record China    2017年9月11日(月) 22時0分

拡大

9日、下アゴの負傷で自殺未遂も疑われた中国の女優チョウ・ドンユィだが、所属事務所がこれを否定し、けがに至った詳細を発表した。

(1 / 4 枚)

2017年9月9日、下アゴの負傷で自殺未遂も疑われた中国の女優チョウ・ドンユィ(周冬雨)だが、所属事務所がこれを否定し、けがに至った詳細を発表した。新浪が伝えた。

その他の写真

9日、北京の空港に姿を見せたチョウ・ドンユィが、完全なすっぴん顔に下アゴには大きなばんそうこうを貼って現れたことで注目された。ネット上ではチョウ・ドンユィの自殺未遂まで疑う声が上がり、ファンを心配させていた。

世間の反応があまりに大きかったせいか、チョウ・ドンユィの事務所が同日コメントを発表。チョウ・ドンユィが宿泊先で夜中に目覚めた時、慣れない場所だったため転び、一瞬気を失うほどアゴを地面に打ちつけたためだと経緯を発表し、当時マネジャーと交わした通話アプリの内容も公開している。

「90後(1990年代生まれ)」を代表する演技派女優のチョウ・ドンユィは、巨匠チャン・イーモウ(張芸謀)監督に見出され、2010年に映画「サンザシの樹の下で」でデビューし、いきなりブレークしたシンデレラ女優。その後、映画「シチリアの恋」で韓国の俳優イ・ジュンギ、今年公開された「喜歓[イ尓]」では金城武と、次々と人気俳優たちと共演を重ねる「男神キラー」としても知られている。(翻訳・編集/Mathilda

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携