中国のサムスンスマホユーザー、92.8%が他ブランドへ乗り換え―中国メディア

配信日時:2017年9月10日(日) 18時20分
中国のサムスンスマホユーザー、92.8%が他ブランドへ乗り換え
画像ID  578130
10日、中国のスマートフォン市場で、韓国・サムスン電子製品のユーザーの92.8%が、中国ブランドなど他社製品へ乗り換えていることが分かった。資料写真。
2017年9月10日、中国メディアの参考消息網によると、中国のスマートフォン市場で、韓国サムスン電子製品のユーザーの92.8%が、中国ブランドなど他社製品へ乗り換えていることが分かった。

韓国国際貿易協会(KITA)の報告書によると、今年第2四半期の中国市場のブランド別携帯電話保有台数で、サムスン(4800万台)は、首位の米アップル(1億7100万台)に遠く及ばないばかりか、中国のファーウェイ(1億3200万台)、OPPO(1億2400万台)、Vivo(1億800万台)、シャオミ(6800万台)にも及ばないことが分かった。6位のサムスンは5位のシャオミに2000万台の差を付けられている。

第2四半期に中国で販売された携帯電話の6割超が、2000元(約3万3000円)未満の中低価格の端末であり、サムスン製品は現地ブランドとのコストパフォーマンス競争に押され気味だ。

再び同ブランドの製品を購入した「忠実な顧客」の割合は、サムスンは7.2%に過ぎず、OPPOやVivoの25〜26%より低い。(翻訳・編集/柳川)
【レコチャコンサル】

あなたの商品を中国で販売してみませんか?レコードチャイナがお手伝いします!
詳しくはこちら


【社内スタッフ募集】

中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
最新ニュースはこちら

SNS話題記事