Record China

ヘッドライン:

「南京大虐殺及び日本戦争犯罪」シンポジウムが南京で開催、日本からも参加―中国メディア

配信日時:2017年9月8日(金) 21時20分
拡大
7日、中国江蘇省南京市で、「南京大虐殺及び日本戦争犯罪」国際学術シンポジウムが開催された。写真は南京大虐殺記念館。
(1/3枚)

2017年9月7日、中国江蘇省南京市で、「南京大虐殺及び日本戦争犯罪」国際学術シンポジウムが開催された。中国新聞網が伝えた。

その他の写真

今年は南京事件から80年となる節目の年だ。シンポジウムには日本や米国、ドイツ、カナダなど中国内外の研究機関、博物館などから80人を超える専門家が出席。会場では南京事件や難民救助、日本による中国侵略史、慰安婦問題などについてさまざまな角度から意見が交わされた。

南京大虐殺記念館の張建軍(ジャン・ジエンジュン)館長は「侵華日軍南京大虐殺史研究会などに委託し、近年は高等教育機関や社会科学院と積極的に交流を進めている。シンクタンクの研究や民間交流を生かして中日関係の発展・改善のための提言を行っていきたい」と発言した。

記事によると、日本からは歴史学者の笠原十九司氏や、南京大虐殺記念館に多くの史料を寄贈してきた大東仁氏らが出席している。(翻訳・編集/野谷

【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

NHKが731部隊ドキュメンタリー放送、日本の識者は「加害の歴史」どう見る?―中国メディア

日本の降伏日「8月15日」を迎えるにあたり、NHKはドキュメンタリー『731部隊の真実』を放送した。史料と当事者の証言を通じて、動かぬ証拠によって中国侵略日本軍の戦争犯罪を暴くもので、日本社会の幅広い注目を集めた。写真は731部隊跡地。

人民網日本語版
2017年8月17日 12時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング