外国人にあんまりな仕打ち!訪日韓国人が“京都の伝統”に不満を吐露―韓国ネット

Record China    2017年9月6日(水) 10時40分

拡大

日本を旅行した外国人が日本ならではの「おもてなし」に感激したといううれしい話題は少なくないが、このほど訪日した韓国人が「外国人客が多い京都でこれはあんまりだ!」と、憤慨したエピソードをインターネットの掲示板につづった。写真は京都。

日本を旅行した外国人が日本ならではの「おもてなし」に感激したといううれしい話題は少なくないが、このほど訪日した韓国人が「外国人客が多い京都でこれはあんまりだ!」と、憤慨したエピソードをインターネットの掲示板につづった。

京都駅で駅弁を買おうとしたという投稿者だが、ある事情で駅弁を諦め、近くのコンビニエンスストアで売られている弁当で間に合わせた。この弁当も「味は満足」できたそうだが、不満は、クレジットカードを使える駅弁店がなかったことだ。

「片田舎の駅や京都の町の店ならいざ知らず、京都駅の構内の店でカードが使えないとはとても驚いた。いくらカード使用が盛んでない国だとしても、外国人も多い京都駅、しかもスーパーみたいに店がそろった場所で、これはあんまりだと思わないか?」と不満をぶちまけた投稿者に、他のネットユーザーからはなだめるようなコメントが寄せられている。

「世界中で韓国ほどクレジットカードが通じる国はない」と説明するものや、「日本はカードを使えない店が多いよ。東京にだってよくある」「日本の店ではよくNO CREDIT CARDという表示を見掛けるよね」「日本ではマクドナルドだってカード決済できるようになったのは最近の話なんだ」と日本の状況を紹介する声などだ。

また、「日本に行った時は、カードはコンビニやデパートだけで使うものと思った方がいい」「日本では両替をたくさんして、小銭用の財布も持つのが必須だよ。ローマではローマの法に従わなきゃ」と教え諭すようなコメントも。

その他、日本の都市による違いを挙げ「東京と比べると、大阪の方がカードを使える店が多いと思う」「京都は古都だからカードを受け付けないんだ。それを伝統だと思っているのかも」との指摘もあった。(翻訳・編集/吉金

この記事のコメントを見る

新疆ウイグル自治区で最も有名な日本人・小島康誉。彼はどのようにして新疆にたどり着き、現地の人々から敬慕されるに至ったのか。購入はこちら

専門家とつながろう WeChat広場はこちら

求人情報はこちら

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携