震源地出身のイケメン俳優プー・バージャ、「親族の安否が心配」―中国

配信日時:2008年5月13日(火) 13時48分
震源地出身のイケメン俳優プー・バージャ、「親族の安否が心配」―中国
画像ID  128882
13日、四川省の大地震で、震源地出身の人気イケメン俳優、プー・バージャがインタビューに答えた。資料写真。
2008年5月13日、前日発生した四川省の大地震で、震源地となったチャン族自治州[シ文]川県出身の人気イケメン俳優、プー・バージャ(蒲巴甲)と、付近でドラマ撮影中だった女優のルオ・ハイチォン(羅海瓊)がインタビューに答えた。重慶晨報が伝えた。

その他の写真

同県内は少数民族が多く、チベット族出身のプー・バージャの実家も震源地にほど近い場所。「発生直後から、実家に100回以上電話したけど、つながらなくてどうしようかと思った。両親から無事の連絡を受けて、ホッとした」と話している。家族はすでに安全な場所へ避難しているが、「親戚とは連絡がまだ。不安でたまらない」と、コメントしている。

一方、人気若手女優のルオ・ハイチォンは、震源地に近い大邑県でドラマ撮影中だった。「地震のあった午後2時半ごろ、山が揺れてる感じがした。そのあとは船の上にいるみたいで、とても立っていられなかった」と、当時の様子をリアルに報告。撮影地には2階建ての小さな建物があったが、アッという間に崩れてしまったという。

このほか、四川省成都市出身の人気アイドル、クリス・リー(李宇春)とハー・ジエ(何潔)は、「実家とすぐ連絡がついた」と話しているが、現地の知人やファンらの状況がとても心配だという。(翻訳・編集/Mathilda
最新ニュースはこちら

SNS話題記事