中国人社員の目に映る日系の「企業文化」、彼らの共感を得るにはどうすべきか

配信日時:2017年9月3日(日) 13時50分
中国人社員の目に映る日系の「企業文化」、彼らの共感を得るには…
画像ID  577132
相手を納得させるために最も「効く」一言とは何か?資料写真。
相手を納得させるために最も「効く」一言とは何か?(文/李年古)

ある豪華客船が航海の最中に沈みだした。船長はどのように外国人乗客に呼びかけたら速やかに海に飛びこんでもらえるだろうか。船長は各国の乗客に次のように語りかけた。

アメリカ人に:「飛び込めば、あなたは英雄ですよ」
イギリス人に:「飛び込めば、あなたは紳士です」
ドイツ人に:「飛び込むのが、この船の規則となっています」
イタリア人に:「飛び込むと、あなたは女性にもてますよ」
フランス人に:「飛び込まないでください」
日本人には:「なぜうろうろしているのです?皆飛び込みましたよ」

各国の最大公約数の価値観に合致した説得ポイントを掴んだ見事な説得テクニックだ。この船長を企業経営者に置き換えると、昔の船長なら「飛べ」と言えば乗客は皆黙って言いなりになったかも知れない。しかし今の「乗客」すなわち従業員は、アメリカの経営の巨匠ドラッカーの言うように上司の言いなりにはならなくなっている。「知的な仕事に従事する社員に対して、企業は実績を求めることはできるが、企業に対する忠誠心まで求めることはできない」。上司はセールスマンのように部下の気持ちや価値観を尊重しながら納得してもらう必要があり、昔のように権威で相手を屈服させるのは難しくなっているという。これは中国人の職場意識、特に若者の考え方を代弁しているような指摘である。

■共感できない企業文化が社員の「活力」を殺す最大の凶器

職場において現地の中国人を納得させる目的は、個々の情熱や自主的なチャレンジ精神を引き出して、それを組織のビジョンや経営目標に向けさせ、実現していくことにある。

そのような社員の意識と気持ちを表す中国語のコトバに「活力」(フォリ)というものがある。身体的あるいは精神的なパワーを意味するもので、英語のvigorがそれに当たる。最近、中国の企業経営の現場では社員の「活力」をいかに引き出すかが企業の活力を測る目安となり、注目を集めている。

かつて中国の著名なビジネス誌『中外管理』は230社の人事部のトップマネージャーを対象に従業員の活力に関わる調査をした。回収された215のアンケート用紙から社員の活力を示す特徴の上位3位は「創造性」(60%)、「達成感」(60%)、「情熱」(53%)が並んだ。一方、その「仕事への活力」にマイナスの影響を与える要因として挙げられたトップ3は「企業文化に共感できない」(61%)、「従業員に生涯にわたる教育や指導が欠けている」(60%)、「コミュニケーション不足」(58%)だった。
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 1

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • dm2***** | (2017/09/03 15:18)

    中国において、中国人社員に日本企業文化への共感を得ることなど考えてはいけません。 日本の企業文化はあくまでも日本の政治体制、制度、文化、習慣の下初めて成り立つものです。それが全く異なる地において、反感を買うことはあっても共感を買うことなどあり得ないことです。 いまだに中国市場において成功を勝ち得ている日本企業がないことを見てもそれは明らかです。 日本企業は如何なる大企業であれ、中国の地においては存続の保証のない一中小企業に過ぎず、一定の収入を確保し、日本の技術、経験を積み、将来への転職(好待遇)に繋げる為のステップに過ぎません。 因みに、欧米企業は経営責任を香港、台湾等の華僑に一任し、徹底した能力主義で成果を上げています。郷に入れば郷に従え。日本もいい加減グローバルの意味を理解しましょう。 尚、日本向け輸出を対象にしている現法はこの限りではありませんし、グローバルの範疇でもありません。
    このコメントは非表示に設定されています。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事