Record China

ヘッドライン:

安全性に太鼓判のはずの韓国産卵、韓国国会の食堂から姿消す=韓国ネット「国民は実験用マウス」「大人は1日126個食べても大丈夫なはずでは?」

配信日時:2017年8月31日(木) 22時10分
拡大
30日、殺虫剤成分が検出されたことで韓国産卵の安全性に対する疑念が収まらない中、韓国政府機関や国会の食堂から卵料理が姿を消していたことが分かった。資料写真。

2017年8月30日、殺虫剤成分が検出されたことで韓国産卵の安全性に対する疑念が収まらない中、韓国政府機関や国会の食堂から卵料理が姿を消していたことが分かった。韓国・SBSが伝えた。

韓国政府の10機関が集まるソウル・光化門(クァンファムン)政府庁舎では、「殺虫剤卵」が問題になって以降、職員1000人余りが毎日利用する食堂から卵のメニューが消えたという。これは殺虫剤卵問題を担当する農林畜産食品部が入る世宗(セジョン)市の政府世宗庁舎や国会も同様で、食堂の関係者は「利用者からの苦情があったため」と説明しているそうだ。

しかし、食品医薬品安全処の説明は異なっている。柳永珍(リュ・ヨンジン)処長は21日、殺虫剤などの成分が検出された卵について、調査の結果「体に害が及ぶほどの毒性を含有していない」と明らかにし、また「この発表を最後に、卵の安全性に対する追加調査や発表を行う計画はなく、給食提供の有無も個別機関で判断する問題だ」と説明していた。そして29日の国会では「一般消費者が食べる部分については不安になると思い、われわれが有害度評価をして『この程度であれば安全』という発表をした」と、その安全性に改めて「太鼓判」を押した。

このちぐはぐな対応について、SBSは「政府が国民の混乱を増長させている」と批判的に報じている。

韓国のネットユーザーからも「(食薬処の発表で)1〜2歳では1日24個、大人は126個食べても大丈夫なんでしょ?なのに君たちはなんで食べないんだ?」「これじゃ公務員のためだけの国みたい」「国民をばかにしてる」など非難の声が続出し、中には「国民は実験室にいるマウス同然。食べさせてみて大丈夫なら食べて、異常があれば食べない。市民をこんなふうに考えるから国がしっかり回っていくはずがない」との指摘も。

一方で、卵を「食べる」派からは「今日も子どもたちに食べさせたけど、心苦しい」「普通に食べようよ。これまで食べてきた卵だってどうせ同じだ」とのコメントが寄せられた。

文在寅(ムン・ジェイン)新政権が誕生して以来、政府に対してはネット上で好意的な反応が強かったが、今回ばかりは「文政権どうしちゃったの?」「文大統領は卵を食べてるのかな?いや、食べないと思うな」など厳しい声が上がった。(翻訳・編集/松村)

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

韓国社会に広がる「ケモフォビア」、生理用品の次はヨガマットから有害物質=韓国ネット「製品も食品も人も信じられない」「政府は何をしている?」

30日、韓国産の卵、鶏肉、生理用品などから人体に有害な化学物質が検出され、韓国社会に「ケモフォビア(化学物質恐怖症)」が広がる中、ヨガマットからも有害物質が検出されたことが分かった。写真はソウル。

Record China
2017年8月31日 5時50分
続きを読む

「殺虫剤卵、1日126個食べても問題なし」韓国政府の発表にネットは割れる=「ふざけてる?」「確かに、今まで卵で死んだ人など見たことない」

21日、韓国の複数の養鶏場の卵から基準値を超える殺虫剤成分が見つかった問題で、韓国政府が「殺虫剤卵」の人体への影響評価結果を発表、「体に害が及ぶほどの毒性を含有していない」と明らかにした。資料写真。

Record China
2017年8月22日 22時30分
続きを読む

ランキング