Record China

ヘッドライン:

チェコの軍事情報機関「米中ロの覇権争いが第3次世界大戦招く可能性も」=中国「覇権争いに興味ない」

配信日時:2020年11月16日(月) 8時40分
拡大
仏RFIの中国語版サイトによると、チェコの軍事情報機関はリポートで、「超大国(米国、中国、ロシア)間の覇権争いが第3次世界大戦を招く可能性がある」と指摘している。写真は北京の天安門広場。

仏RFIの中国語版サイトの14日付報道によると、チェコの軍事情報機関はリポートで、「超大国(米国、中国、ロシア)間の覇権争いが第3次世界大戦を招く可能性がある」と指摘している。

RFIが香港メディア・東網の報道を引用する形で伝えたところによると、チェコの軍事情報機関はこのほど発表した2019年版のインテリジェンスリポートで、「米国、中国、ロシアが覇権争いをする中、世界規模の衝突はすでに第一段階にある」とし、「一部の国で高まっている民衆を操作する意識が、状況をより危険なものにしている。世界秩序は疑わしいものであり、すべての当事者が、新たな矛盾を解決するための平和的な対話の重要性を無視している」などと指摘している。

こうした見方について、中国本土メディアは「中国には米国と覇権争いをする意思はない」とし、中国の楽玉成(ラー・ユーチョン)外務次官が昨年、現代国際関係研究院のフォーラムで、「世界の権力がシフトしており、米国の覇権が中国に移るとする主張は、事実にも時代の発展の大勢にも合致していない。中国が、米国に挑戦したいもしくは米国に取って代わりたいと思ったことは一度もない」と述べたことを引用して伝えている。(翻訳・編集/柳川)

【アジア食品のネットサイトがオープン】
中華圏、韓国などのアジア食材が手軽に入手できます!
サイトはこちら

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

ランキング