Record China

ヘッドライン:

中国の人工知能犯罪予防システム、信頼度は極めて高い―スペイン紙

配信日時:2017年8月31日(木) 18時0分
拡大
スペイン紙「エル・パイス」の13日の報道によると、映画でよく見られる犯罪予防システムは中国ですぐに現実となるかもしれないということが分かった。資料写真。

スペイン紙「エル・パイス」の13日の報道によると、映画でよく見られる犯罪予防システムは中国ですぐに現実となるかもしれないということが分かった。中国の犯罪予防システムはすでにテスト段階に入り、かつ、その予防正確率は極めて高いという。

報道によると、中国当局は顔認識と人工知能技術に基づくスーパー犯罪予防システムをテストしているところだという。現在、犯罪予防の主な手段は監視と追跡、あるいは犯罪が起こる可能性の高い場所にあらかじめ配置することだけだ。だが、どうやって犯罪の予防を実現できるのか?これこそに顔認識犯罪予防システムの強さがある。

報道によると、システムは公共区域に備えられた監視カメラにインストールされて人の顔画像を採集し、その後分析を行うという。人工知能技術を利用して人々の活動と行為を分析し、犯罪行為を実施する可能性を推定する。分析対象の犯罪リスクが高レベルに達した場合、システムが自発的に警察に通報し、警察に早めに準備させ、犯罪行為の発生を阻止する仕組みだ。

例えば、もし一人が危険な商品を販売する店に入ったことがあるなら、システムはこの人に高い暴力実施のリスクがあると推定し、警察に通報する。通報を受けた警察は直ちに行動し、即時に容疑者を確定し、必要な措置を取る。

こういうシステムはすでに中国の数十の都市に投入され、現在はテスト段階だ。そのほか、大量な顔情報と活動データを貯蔵するデータベースも構築された。(提供/環球網・編集/黄テイ)

※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
【新型肺炎】
リアルタイムで世界の患者数を確認する

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

発展が早すぎる中国、海外留学して帰国するともはや「田舎者」に=露店でさえQRコードで支払い―中国メディア

「中国で非上場株を取引する店頭市場・全国中小企業股フン転譲系統(フンはにんべんに分、NEEQ。通称『新三板』)には、2014年から16年に間に企業7500社が登録し、融資は1500億元(約2兆4750億円)規模になっている。

人民網日本語版
2017年8月24日 7時40分
続きを読む

中国の人工知能技術、足踏み状態続く韓国を追い抜き日本を追撃=「中国に追われる韓国は、かつて韓国に追われた日本の姿と同じ」―韓国ネット

13日、韓国日報は、中国の情報通信技術(ICT)分野の競争力が急成長し世界最高水準の米国との差を縮める一方、韓国国内の技術はいまだ足踏み状態をしていると報じた。資料写真。

Record China
2017年8月16日 5時30分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング