「731部隊の悪行を隠ぺいした」=米政府は中国人に謝罪すべき―米国人記者

配信日時:2018年2月15日(木) 13時50分
「731部隊を隠した」=米政府は中国人に謝罪すべき―米国人記者
画像ID  576580
14日、台湾メディア・聯合新聞網によると、米国人記者が「米国政府は旧日本軍731部隊による悪行を知りながら隠した」として、中国国民に謝罪するよう求めている。写真は731部隊跡地で行われた記念イベント。
2018年2月14日、台湾メディア・聯合新聞網によると、米国人記者が「米国政府は旧日本軍731部隊による悪行を知りながら隠した」として、中国国民に謝罪するよう求めている。

その他の写真

記事によると、米国人記者のPaul Johnson氏は、ドキュメンタリー映画の撮影のため、2015年4月から5月まで、中国のハルビン市、北京市、浙江省を訪問し、70〜80代の20人近くの中国人にインタビューを行った。

インタビューを受けた人はいずれも、旧日本軍による細菌爆弾の攻撃を受けた経験を語っているという。中には足の壊疽やペストなどの後遺症に苦しんでいる人もいて、自身が被害者ではないものの、父親が細菌爆弾で死んだという人もいると紹介した。Johnson氏はドキュメンタリー映画でこれらの事実を明らかにした最初の西洋人だと記事は伝えている。

Johnson氏は「このドキュメンタリーを通して、もっと多くの人に事実を知ってもらいたい」「米国はこれらの人体実験資料を手に入れた後、軍事面で利用しており、これらの資料は中国人の命と引き換えに作られたものだ。米国は中国人に謝罪すべき」と主張している。

このドキュメンタリー映画は、「731―米国はいかにして日本の生物兵器犯罪を利用したか」(731-How America Exploited Japans Biological Weapons Crimes)という題名で、3月15日からカナダのメトロバンクーバーで公開される。

Johnson氏は2012年から14年までの間、北京市で報道関係の仕事をしており、2015年にワシントンへ戻った後、ワシントン大学の図書館で731部隊に関連する秘密資料を発見。同氏が発見した資料には、日本の侵略部隊が1930年代後期から1943年に至るまで、中国中部で細菌戦を行い、数千人の庶民が死傷している事実がはっきりと記されていたという。同氏は、「米国のマッカーサー元帥は終戦時に、731部隊による細菌戦で中国人を殺害した事実を十分に知りながら、中国人に対する人体実験の資料を得るために、交換条件として関係する戦犯者にしかるべき懲罰を与えなかった」と考えているという。

同氏は「関係する歴史をさらに理解することで、731部隊の悪行を再び繰り返すことを避けることができ、米国政府に真相を認めるよう促すことで、米国と中国の友好関係を深めることができる」と述べているという。(翻訳・編集/山中)
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ign***** | (2018/02/16 16:08)

    あなたの親戚や友人が生物学的攻撃で死んだら、あなたは冷たい心を持つことができますか?
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/02/15 19:03)

    台湾で日本は上下水道の設備を作った。東京よりも早く下水設備が幹部したという。朝鮮でも同じで、衛生と医療と栄養で、乳幼児の死亡率は激減し、疫病の流行を抑えたことで、人口は激増する。ナチスドイツはユダヤ人を絶滅させようとしたが、朝鮮の人口は2倍になり、増産された米の日本輸出で財を成した者が現在の韓国の財閥だ。 国民党軍は、日本軍との戦争で、河川に堤防を決壊させ住民数万人を溺死させ、日本軍の進軍を阻止しようとした。井戸水に毒を入れ、疫病を意図的に市民の間に流行させて日本軍に打撃を与えようとした。日本軍の防疫給水部が中国大陸でどれほど重要だったかは、まともな頭がある人間なら容易に分かる。疫病や仕掛けられる細菌戦争に対応する為の研究も必須だった。基地外だけが、人体実験と騒いでいる。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • 774***** | (2018/02/15 18:53)

    明朝末期17世紀、この証人がいたという華北地方でペストや天然痘が大流行し1千万人の死者が出る。 15世紀南宋の時代から中国全土にペストが流行、南宋を征服した元の東ヨーロッパ征服で、欧州に広がり、ヨーロッパ人口の1/3が死亡する大惨事になった。 華北にいた清が明を征服して中国本土を侵略支配した時、人口は僅か2400万人で明の最盛期の1/3。そのもっと昔は1億人を越えていた。 中国人に衛生観念はなく、戦後中国に進出した日本企業は寮の2階の窓から隣の建物の屋根に食べ残しを投げ捨てる、女性工員に手を焼いたという。 日本の敗戦で国民党軍が台湾にやってきた1946年、コレラや天然痘が大流行、彼らが大陸から持ち込んだ。 国民党軍は兵隊狩りをやって男子を強制連行し、兵士達は武器で一般住民から食料と金を強奪合歓し放題だった。 この中国大陸で防疫給水部は日本の兵士を守った
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事