統治はストレス?北朝鮮の金正恩委員長、権限一部を妹らに委譲=韓国ネット「独裁は変わらない」

Record China    2020年8月22日(土) 7時20分

拡大

20日、韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、妹である金与正党第1副部長ら側近に権限を委譲し、統治を行っているとみられることが分かった。写真は北朝鮮。

2020年8月20日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の情報機関・国家情報院が20日、北朝鮮の国政運営と関連して、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が妹である金与正(キム・ヨジョン)同党第1副部長ら側近に権限を委譲し、統治を行っていることを明らかにした。

この背景について、国家情報院は「金委員長が9年間の統治でストレスが大きくなっており、ストレスを軽減するため。もう一つは、政策に失敗した際に権限を委譲した側近に責任を転嫁するため」との見方を示した。その上で、「根本的には、9年間統治して得た自信の表れだ」と分析した。

このニュースに韓国のネットユーザーからは、金委員長が権限を委譲した理由の1つとして自身のストレス軽減ためとの見方を国家情報院が示したことから、「独裁者がストレスで権限を委譲とは驚き」「ストレスで権力を移譲した国のトップがこれまでいただろうか?」などといった声が上がっている。

その他「北朝鮮でも権力分立?変化が起きそうな予感」「こういうニュースが伝わると金正恩が健在なのか疑わしくなる」「本当に権限を委譲するのか疑わしい」「9年も金正恩氏の独裁が続いていたんだね」「誰が権力を持ったとしても北朝鮮の独裁政治は変わらない」などといったコメントが寄せられている。

また、国家情報院は「金委員長は依然、絶対的な権力を行使している」とし、「与正第1副部長が事実上のナンバー2だが、後継者が決定したわけではなく、後継者として統治しているわけでもない」と説明した。(翻訳・編集/関)

この記事のコメントを見る

コロナ休業で卸先が……その商品、レコードチャイナで販売しませんか?
あなたに代わって在日外国人コミュニティーにセールス致します!
詳しくはこちら

関連記事



   

時事 トピックス



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携