続々と新しいショッピングモールがオープンする上海、その陰で老舗百貨店が閉店へ

配信日時:2017年8月30日(水) 18時40分
新しいショッピングモールが続々オープンする上海
画像ID  576297
大型ショッピングモールの建設ラッシュが続く上海で、中山公園エリアに新たなショッピングモールがオープンした。このエリアに鳴り物入りでオープンしたのが長寧来福士広場だ。
大型ショッピングモールの建設ラッシュが続く上海で、中山公園エリアに新たなショッピングモールがオープンした。中山公園エリアは、地下鉄2、3、4号線が交わり、交通の便がよい立地で、周辺にはホテルや商業施設が充実していて、日常の買い物にも便利、近年は日本人をはじめ、外国人の居住も増えている。このエリアに鳴り物入りでオープンしたのが長寧来福士広場だ。

その他の写真

来福士広場(ラッフルズ・シティ)といえば、シンガポール系のショッピングモールで、地下鉄の人民広場駅に直結している「来福士広場」(2003年開業)が若者に人気のトレンドなショップが集まっていることで、平日でも賑わっているほど人気が高いことで有名だ。

今回、オープンした長寧来福士広場は、ショッピングビル、オフィスビルと広大な庭園で構成された大型複合モールで、地元の若者に人気のファッションメーカーやコスメブランドが集まり、早くも話題となっている。

また、敷地内に上海の優秀建築を復原し、現代的な商業施設と歴史的建築を結びつけた新しいモール・スタイルを確立し、多様な現在のライフスタイルのニーズを考えた高い集客をねらう。

上海では、各エリアでこうした大型のショッピングモールが次々と建設され、話題となっているが、一方では、老舗の百貨店がリニューアルや閉店を余儀なくされるなど、上海の街並の変化も大きい。急速に変貌していく都市風景、「上海では一年、いや半年で街並みが変わっていく」駐在する日本人の言葉も頷ける。

新規にオープンしたショッピングモールでもテナントが集まらず、モール内が空洞化し、集客に苦戦するなど課題があり、地元では「ショッピングモールが多すぎる」と、嬉しい?声もあがっている。(提供/フライメディア)
※本記事はニュース提供社の記事です。すべてのコンテンツの著作権は、ニュース提供社に帰属します。
株式会社フライメディアは、映像制作を中心に、海外、主に中国、台湾、香港のリサーチ、コーディネーションサービスをご提供している会社です。 本日御紹介した「上海のショッピングモール」関連についてもっと知りたい方は、是非弊社のホームページをご覧頂き、お問い合わせください。 <p><a href="http://flymedia.co.jp/">http://flymedia.co.jp/</a></p>
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事