Record China

ヘッドライン:

BIGBANGのT.O.Pと大麻を吸った女性が発言を撤回「勧めたのはT.O.P」=韓国ネットで疑惑噴出

配信日時:2017年8月24日(木) 12時0分
拡大
2017年8月24日、韓国・東亜日報によると、韓国の人気アイドルグループBIGBANGのT.O.Pと共に大麻を吸引したとして起訴された20代の元歌手志望の女性が「最初に大麻を勧めたのはT.O.P」と主張した。

女性はこのほど、韓国メディアとのインタビューで「自分が犯した罪を深く反省している」としつつも、「私はただの1度も(大麻を)無理に勧めたことはなく、電子たばこ(液体大麻)に関しても私のものではなかった」と悔しさを吐露した。女性は「T.O.Pがポケットから電子たばこのようなものを取り出したが、これが液体大麻の入った電子たばこだった」と説明し、「悔しい部分は多いが、いちいち釈明しても誰にも信じてもらえないので我慢した方がいいと思う」との考えを明らかにした。

女性は昨年10月9日から12日まで、ソウル市内のT.O.Pの自宅でT.O.Pと共に大麻を吸引した。当初、2人は容疑を否認したが、警察の毛髪検査で陽性反応を示した。その後、女性は今年3月に行われた警察の取り調べで「知人からもらった液体大麻をT.O.Pと共に吸った」と自白していた。

女性はT.O.Pが大麻吸引容疑に関する裁判ですでに判決を受けた後に発言を撤回したことになる。そのため、韓国のネット上では女性の発言撤回に関する疑惑が噴出している。中には「うそをついているのはどっち?」と気にする声や「T.O.Pは事務所や熱狂的なファンに守られているからね」と同情する声もあるが、女性が発言を変えた理由について「減刑のため」と指摘する声が圧倒的に多い。女性は1審の裁判で、反省文を提出するなど減刑のためにさまざまな努力を試みていた。

その他「どっちもどっち」「勧めた人も勧められて吸った人も同じ。普通の人は勧められても吸わない」「結局は2人とも吸いたかったんでしょ?人のせいにするなんて最低」「芸能界に復帰する考えは捨てて静かに暮らして」など言い訳よりも反省する態度が必要と指摘する声が多く寄せられている。(翻訳・編集/堂本
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

世界1位を誇る韓国造船業、労働災害による死者は日本の4倍=「業界の構造に問題あり」「労働者全体の意識改革が必要」―韓国ネット

22日、韓国・マネートゥデイによると、今年7月の世界の船舶受注競争で中国を抑え1位の座を奪還した韓国だが、造船業における年間労働災害死亡者数は先進国の3〜4倍に達していることが分かった。資料写真。

Record china
2017年8月24日 8時40分
続きを読む

韓国の伝統はどこへ?日本のはかまにそっくりの韓服が人気上昇で物議=韓国ネット「もはや韓服じゃない」「さすがに日本っぽいのは絶対駄目でしょ」

23日、韓国の古宮や伝統家屋村を伝統衣装・韓服姿で巡る観光スタイルが流行しているが、着やすさを追求するあまり伝統から懸け離れ、さらに日本のはかまに似てしまった改良韓服が人気を博していると、韓国・ヘラルド経済が指摘した。写真はソウル。

Record china
2017年8月23日 18時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング