Record China

ヘッドライン:

中国・内モンゴルのレアアース輸出量が急増、ほぼ半分が日本に―中国メディア

配信日時:2017年8月18日(金) 8時10分
拡大
17日、中国新聞社は、今年上半期に内モンゴル自治区から輸出されたレアアースの量は5029.9トンで、そのうち約半分が日本に輸出されたと報じた。資料写真。

2017年8月17日、中国新聞社は、今年上半期に内モンゴル自治区から輸出されたレアアースの量は5029.9トンで、そのうち約半分が日本に輸出されたと報じた。

同自治区のフフホト税関が16日に発表したデータによると、今年上半期に同自治区から輸出されたレアアースは5029.9トンで前年同期比130%増、輸出額は1億3000万人民元(約21億3000万円)で同26.5増となった。輸出量が大きく増えた一方で輸出平均価格は1トンあたり2万6000元(約42万7000円)と同44.2%下落した。

輸出相手国では日本が最も多く、昨年上半期の2.9倍となる2510.3トンを輸出。輸出量全体の49.9%を占めた。

中国では2015年1月1日にレアアースの輸出量割り当て制度を、同5月1日に輸出関税をそれぞれ撤廃。これまで割り当てがなかった中小民間企業が正規のルートでレアアースを輸出できるようになった。同税関は「割り当て制度と関税の廃止で、企業の輸出への意欲が高まったことが輸出増の大きな要因」と分析している。

同自治区は中国有数のレアアース埋蔵地域であり、包頭市のバヤンオボー鉱区の埋蔵量は世界最大級と言われている。(翻訳・編集/川尻

【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

関連記事

中国・広西で大規模レアアース鉱床を発見、100年以上採掘可能―中国メディア

11日、中国広西チワン族自治区平南県の大洲鉱区で発見された大規模なレアアース(希土類)鉱床の調査が、中国地質学会による2016年の「十大地質探鉱成果賞」に選出された。写真はレアアース資源の優位性により照明産業が発展する江西省靖安県。

Record China
2017年3月13日 10時20分
続きを読む

中国のレアアース、依然世界を支配―中国メディア

8日、参考消息網は記事「巨大な潜在能力を秘めたアフリカのレアアース鉱業、しかし中国の主導的地位を揺るがすことは難しい」を掲載した。現在、世界のレアアース市場を支配しているのが中国だ。全世界の生産量の70%を中国が供給している。

Record China
2017年3月11日 8時20分
続きを読む

ランキング