中華圏でまた韓流パクリ騒動、今度は「中国のジャニーズ」TFBOYS―中国メディア

Record China    2017年8月17日(木) 11時10分

拡大

16日、中国の男性アイドルユニット「TFBOYS」に韓流グループのパクリ疑惑が持ち上がっている。写真はTFBOYS。

2017年8月16日、中国メディアの鳳凰網によると、「中国のジャニーズ」とも呼ばれる男性アイドルユニット「TFBOYS」に韓流グループのパクリ疑惑が持ち上がっている。

11日に南京で開催されたデビュー4周年記念コンサートは満席のファンで会場が埋まり、ネットでのライブ配信も1000万人以上が視聴するなど大成功に終わったかに見えた。

だがメンバーのワン・ジュンカイ(王俊凱)とワン・ユェン(王源)がステージで披露したダンスが、韓国ボーイズグループ「GOT7」のメンバーのキム・ユギョムと「Block B」のメンバーのキム・ユグォンが韓国のテレビ番組で見せた振り付けの「パクリ」だとする指摘がネットをにぎわせ、ファンの批判はTFBOYSの振付師である夏震(シア・ジェン)氏に向けられている。

中華圏ではこのほど、台湾歌手のウィルバー・パン(潘●柏、●は王へんに韋)の最新曲「失眠」が、韓流男性グループのメンバーが過去に公開した楽曲に似ているとして盗作疑惑が浮上。作曲者が盗作を認め、発売元が急きょ配信を停止する騒ぎとなっている。(翻訳・編集/柳川)

この記事のコメントを見る

関連記事



   

ピックアップ



   

we`re

RecordChina

お問い合わせ

Record China・記事へのご意見・お問い合わせはこちら

お問い合わせ

業務提携

Record Chinaへの業務提携に関するお問い合わせはこちら

業務提携