Record China

ヘッドライン:

「欧米を崇拝し中国をおとしめている」中国の小学校教科書が物議―中国メディア

配信日時:2017年8月17日(木) 7時20分
拡大
2017年8月16日、海南省の主要紙・海南特区報によると、中国の小学校で使用されている国語の教科書で、一部の内容が「欧米を崇拝し中国をおとしめている」と物議を醸している。

中国の小学校の教科書では、「団結や友愛」「弱者を守る勇敢さ」「他人に親切な心」「動物愛護」を物語で教えているが、主人公が外国名であるケースが見受けられる。一方で、叱られ役や悪さをする人物が中国名となっている。

こうした内容に対して保護者や教育関係者から「主人公の外国名を中国名に変えても何の支障もない。中国をおとしめて欧米を崇拝する傾向が見受けられる」と提議する声が聞かれている。

一方で、「現在小学校で使われている教材の中には十数年前の古いものもあり、確かに現状にそぐわない内容もある。ただ、改訂には時間と労力が必要で、一部の内容が不適切だからと言って教科書全体を否定するべきではない」と反論する専門家もいる。さらに、小学校用の国語の教科書を出版している人民教育出版社は、「(人民教育出版社の国語の教科書で)外国に関連した内容は全体の15%に過ぎず、中国の優秀な人物を称える文章を多く採用している」と述べた。

これに対し保護者や教育者らは、「祖国の優秀な人物を取り上げることは最低限の責務。小学校の国語の教科書は漢字を学ぶ意味も強い」とし、外国の人名表記も学習の一環となるが、漢字を学ぶ点においては、使用頻度が低い漢字よりも常用漢字に重点を置くべきだと主張している。(翻訳・編集/内山
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

「竹島は韓国領」を証明、韓国人教授が自ら集めた資料1100点を寄贈=韓国ネット「国がすべきことなのに」「ちゃんと管理できるか心配」

8日、韓国メディアは、韓国の教授が約10年にわたり私費を投じて集めた独島と韓国近代史関連の資料を独立記念館に寄贈したと伝えた。これに、韓国のネットユーザーがコメントを寄せている。写真は韓国にある独島体験館。

Record China
2017年8月9日 16時0分
続きを読む

子供参加の漢字書き取り対決番組「漢字風雲会」が大人気 

浙江衛星テレビで放送中の、子供が漢字の書き取り対決にチャレンジする番組「漢字風雲会」が、夏休み中の子供の間で人気を博している。約1時間、楽しい雰囲気の中で進められる書き取り対決を見ながら、テレビの前の子供たちも紙を用意して漢字を書き、間違えやすい漢字約10個、生活の中でよく使う漢字約10個、上品で美しい言葉20個などを勉強、復習する。

人民網日本語版
2017年8月12日 12時40分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング