Record China

ヘッドライン:

朝鮮半島戦争危機説、韓国人の55%「実感ない」―韓国メディア

配信日時:2017年8月16日(水) 16時10分
拡大
2017年8月15日、北朝鮮と米国が威嚇の応酬を激化させる中、韓国人の半数超が「朝鮮半島戦争危機説」を実感していないことが最新の調査から明らかになった。

中国メディアの環球網が、韓国の通信社ニューシスの報道として伝えたもので、韓国の就業ポータルサイトのインクルートが15日公表したアンケート調査結果によると、「朝鮮半島で戦争が起こる可能性をどの程度見るか」との質問に、14.2%が「かなり危険な状況」、30.4%が「高い方」と答え、残りの55.4%は「可能性が低い」と答えた。

戦争勃発時に「参戦や関連支援を提供する意向があるか」の質問には、71.6%が「ある」と答え、残りの28.4%は「国よりも家族や自分の安否がより重要だ」「軍への入隊を避ける既得権、上流階級のために自分の人生を捧げたくない」「戦争があまりにも恐ろしく感じられる」などの回答を選んだ。

「韓国は現在、危機的状況にあるか」の問いには、40.4%が「とても同意する」と答え、「全く同意しない」は4.5%だった。

トランプ米大統領が8日、北朝鮮が軍事的挑発を続けた場合は「砲火と激烈な怒りに直面する」と述べたことを受け、北朝鮮は10日、中距離弾道ミサイル4発を米領グアムに向けて同時発射する計画を今月中旬までにまとめると発表するなど、両者の応酬が続いている。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

戦争の危機の中でも“驚くほど無関心”な韓国人に、海外メディアが驚き=「ソウルは戦争に無防備」の指摘も

10日、米国のメディアが「トランプ米大統領の『炎と激怒』発言に対抗して北朝鮮が米領グアムへの弾道ミサイルによる包囲射撃に言及するなど、緊迫した対立状況の中でも韓国国民は落ち着いている」と報道したことが、韓国ネットで話題になっている。写真はソウル。

Record China
2017年8月14日 11時10分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング