Record China

ヘッドライン:

専門家「第三次世界大戦が勃発した場合、最初の3週間で5億人死亡」―露メディア

配信日時:2017年8月17日(木) 0時0分
拡大
2017年8月14日、米華字メディアの多維新聞によると、露通信社スプートニクは、「第三次世界大戦が勃発した場合、最初の3週間で5億人が死亡する」とするデータ可視化の専門家の見解を伝えている。

データビジュアライザーのニール・ヘロラン氏はこのほど、核戦争の犠牲者の数を推定した動画をYouTubeに投稿した。

動画では、世界の人口の推移、出生数、死亡数、また20世紀における各年の死亡総数が示され、2度の世界大戦で死亡者数が急増したことが明らかにされている。

ヘロラン氏は、広島と長崎への原爆投下による犠牲者数を参考に、第三次世界大戦が勃発した場合の核弾頭の数と威力などから、攻撃の応酬が始まってから最初の3週間で5億人が死亡すると推計している。同氏はまた「核の冬」による影響は予測不可能であるため、他の犠牲者の推定は不可能だとしている。(翻訳・編集/柳川)
【コラムニスト募集】
中国や韓国の専門知識を生かしませんか?レコードチャイナではコラムニストを募集しています。どしどしご応募ください!応募はこちら

【日中WeChat交流広場オープン】
新たに交流の輪を拡げませんか?どしどしご参加ください! WeChatの掲載希望も大歓迎! あなたの活躍を探している日本や中国の人とつながりませんか?サイトはこちら

関連記事

戦争の危機の中でも“驚くほど無関心”な韓国人に、海外メディアが驚き=「ソウルは戦争に無防備」の指摘も

10日、米国のメディアが「トランプ米大統領の『炎と激怒』発言に対抗して北朝鮮が米領グアムへの弾道ミサイルによる包囲射撃に言及するなど、緊迫した対立状況の中でも韓国国民は落ち着いている」と報道したことが、韓国ネットで話題になっている。写真はソウル。

Record china
2017年8月14日 11時10分
続きを読む

「宣戦布告」?「弾道ミサイルでグアム包囲射撃検討」と北朝鮮、エスカレートする威嚇外交、「ソウルを火の海」も繰り返す

北朝鮮が威嚇外交をエスカレートさせ、「弾道ミサイルでグアム周辺を包囲射撃する作戦案を検討」と米国に警告した。「宣戦布告」と受け取られかねない危険な挑発で、韓国も「ソウルを火の海に」と脅している。資料写真。

Record china
2017年8月11日 22時0分
続きを読む

厳選!ザ・ワールド動画

ランキング