韓国人遺族が“靖国合祀取り消し”訴訟で敗訴=韓国ネットは納得できず

配信日時:2019年5月29日(水) 12時0分
韓国人遺族が“靖国合祀取り消し”訴訟で敗訴=韓国ネットは納得できず
画像ID  575007
28日、韓国・聯合ニュースは「日本が韓国人の靖国合祀(ごうし)訴訟に原告敗訴の判決を下した」と報じた。写真は靖国神社。
2019年5月28日、韓国・聯合ニュースは「日本が韓国人の靖国合祀(ごうし)訴訟に原告敗訴の判決を下した」と報じた。

その他の写真

記事によると、この訴訟は13年10月22日に同神社に合祀された朝鮮半島出身の軍人・軍属の遺族27人が日本政府と靖国神社を相手取り、合祀を取り消すよう求めた第2次訴訟。28日に判決公判が東京地方裁判所で開かれ、原告の要求が棄却された。

裁判所は「原告のすべての要求を棄却する。訴訟費用は原告側が負担する」という短い判決を出し、判決理由については明らかにしなかったという。記事は「訴訟提起から5年7カ月という長期戦だったにもかかわらず、裁判所が判決を読み上げるのにかかった時間はわずか5秒ほどだった」と伝えている。

判決を受け、原告側は声明で「日本の司法部の不当な判決を強く糾弾し、怒りを禁じ得ない。(日本による植民地支配から)解放されて74年が過ぎた今も、日本帝国主義の侵略戦争に強制動員されて悔しい思いで死んでいった犠牲者が、侵略神社である靖国に戦争犯罪者らとともに合祀されているという事実は容認できない」とし、「軍国主義の象徴である靖国神社が、家族の名前を利用してその名誉を踏みにじっている現状を受け入れることはできない。上級裁判所に控訴し、国連人権機構など国際社会に訴えてかけていく」と強調したという。

なお同神社には朝鮮半島出身者2万1181人が合祀されている。

これを受け、韓国のネット上では1200件以上のコメントが寄せられている。「日本はかたくな過ぎる。遺族が嫌がってるじゃん」「日本には良心のかけらもないのか」「せめて判決理由は説明すべき」「過去を否定することは未来を拒むこと」など、判決に納得できないと憤る声が相次いでいる。また韓国社会に対しても「これが日本の現実。こんな扱いなのになんでみんな日本旅行に行くのか」「それもこれも(親日派)の自由韓国党のせい」などの非難の声が上がっている。(翻訳・編集/松村)
【社内スタッフ募集】
中国語担当スタッフ韓国語担当スタッフを募集しています。応募はこちら
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 5

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
  • ato***** | (2019/05/29 16:31)

    >日本帝国主義の侵略戦争に強制動員されて悔しい思いで死んでいった犠牲者が そもそも兵役はどこの国でも強制であろう。韓国の徴兵制度だって強制動員である。当時は韓国人も日本人だったから、日本の法律に従って兵隊にされても文句は言えないはずだ。日本を訴えるのは、まず韓国の徴兵制をやめてからにしてほしい。 〈補足〉 だいたい戦死者の中には朝鮮系の職業軍人も含まれるはずだ。自発的に戦争に参加した者まで強制動員と呼ぶのはおかしくないか。韓国人は『日本の戦争に参加したのは無理やりだった』と証明したいだけなのだろう。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • Tom***** | (2019/05/29 14:16)

    もしこれで原告勝訴の判決が出た場合、いわゆるA級戦犯の合祀を取り消せという裁判が起こる。もっと言えば軍国主義の象徴として靖國神社と護国神社をなくせと言い出すだろう。それが実現すれば、神道と国家を完全に分離し、天皇制なくせと言い出すに決まっている。
    このコメントは非表示に設定されています。
  • ちゅる***** | (2019/05/29 12:27)

    正しい判決だと思う。 連中にはアメとムチのうち、アメを与えてはいけない。増長するだけだから。
    このコメントは非表示に設定されています。

最新ニュースはこちら

SNS話題記事