全ての中国人が、一度は靖国神社に行くべきだ―中国メディア

配信日時:2017年8月15日(火) 13時40分
全ての中国人が、一度は靖国神社に行くべきだ
画像ID  575002
15日、環球網は「全ての中国人が一度は靖国神社に行くべきだ」と題する記事を掲載した。写真は8月15日の靖国神社。
2017年8月15日、環球網は「全ての中国人が一度は靖国神社に行くべきだ」と題する記事を掲載した。

その他の写真

筆者は冒頭、「また8月15日がやって来た。中国人の目は再び靖国神社に向けられる」とつづり、自身は過去に2度、靖国神社を訪れたことがあると告げる。最初に訪れたのは2011年で、この時は取材のためだったそうだ。筆者によると、「到着前は同行の記者と談笑できる和やかな雰囲気だったが境内に入ると誰もが口を閉じ、心が重くなった」という。

筆者はさらに、A級戦犯合祀(ごうし)に次いで同神社が中韓の反発を買う原因として遊就館を挙げ、「ここには日本が近代の戦争で使用した武器や軍人の遺品、戦時中の資料が展示されている。『日本右翼思想の結晶』が凝結」と指摘、「日本人にとっての英雄」が中国人の目には逆の姿に映ることを説明するほか、私的な旅行で日本を訪れた際、「中国人としてこの雰囲気を体験すべき」と妻を強引に同神社に連れて行ったことを紹介している。

筆者は「靖国訪問以降、会話の中で日本が話題になった時は常に『東京に行ったらぜひとも靖国神社を訪れてほしい』と意見している」とし、「行って初めて、先進的な日本の魂の奥深くにこのような場所が残されていることを見ることができる」と批判的な表現で記事を締めくくった。(翻訳・編集/野谷
記事について質問する
非表示
  • コメント
  • facebook
  • twitter
コメント 0

  • コメントを書く

残り400
利用規約 を順守し、内容に責任をもってご投稿ください。
最新ニュースはこちら

SNS話題記事